富士登山の楽しみ方【冬の富士山登山は、眼で登ります!】

富士登山の楽しみ方【冬から春への富士山登山は、スターウォッチング!】はこちらから

大変危険な冬の富士登山

富士山登山のシーズンといえば、7月から9月までの山小屋の空いている時期。

これ常識です。

気候的に言えば「梅雨明け10日」と言われる7月終わりの10日間が安定していてベスト。

空(す)いているという事で言えば「シーズン終わりに近い9月はじめの2週間」がベストでしょう。

さて、

では冬の富士山登山はと言えば・・・

当然のことですが、プロ級の登山家でもかなり厳しいものとなります。

12月には日中でも山頂の気温はマイナス15度以下など珍しくありません。

足元は氷つき、アイゼンを付けていても、特に下りは脅威以外の何物でもありません。

軽装でチャレンジしようとする外国の方(特にこの場合は欧米の方)には、

「You fool? To die! two or three times」です。

『馬鹿ですか、あなたは? 2、3度死になさい』と言いたいのを堪えて、でも、チャレンジ断念をお願いします。

~勝率は90%超ですよ~

そこで私が提案する初心者でも可能なんこの時期の富士山登山。

「冬は眼で登る!」です。

つまり、見て楽しむ登山です。

河口湖からの富士山山頂の可視率、実は夏場は30%台まで落ちるんです。頭は雲の上ですからね。

ところが冬場の可視率は、一気に90%台まで上がるんです。「富士山が見えなければ部屋代はタダです!」なんてホテルまで出てくるんですから。

さあ、この冬は双眼鏡を持って、富士北麓のいたるところにあるビュースポットから、富士山登山に眼でチャレンジしましょう。

雪に消えかけた吉田口の登山道を山頂まで辿るなんて、マニアックで最高です。

そらのした富士登山の特徴はこちら

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る