富士山の楽しみ方【ついに見ました! 最近噂の五合目ボーイを】

~まさに世界文化遺産のスーベニア的光景!?~

噂には聞いていましたが、まさか本当に存在するとは。

あの「五合目ボーイ」をついに見てしまいました。

まさに世界文化、文化遺産の新たなるスーベニア的光景でした。

☆その人たちは20代後半から30代前半の二人組。

昼の12時頃吉田口の五合目に現れて、午後2時すぎという中途半端な時間まで五合目

の広場を流していました。持ち物はほぼ完璧な登山スタイル。アメリカの某メーカーで

統一していて、シューズからザックまでで軽く15万円といったところ。

「最近のガイドさんは・・・」

「金、」

「・・・かけてますよねえ」

☆山梨県の自然解説員の方たちとそんな話をしていると、戻ってくるんです、その二人組が。そしてまた広場の反対側に流していくんです。

「いたよねえ」

「いた、いた!」

「先週も・・・」

☆これがかの有名に、なりつつある「五合目ボーイ」です。

彼らが五合目から上に登ることはまずありません。そして彼らの超一流のシューズやパ

ンツは汚れるということを知りません。よく見ると、ちょっと変です。雨の心配もない

のに、登りではほとんど必要のないスパッツまで装備。ザックにつけたポールの位置が

微妙にずれています。

☆大昔、湘南の海に「陸(おか)サーファー」という人種がいたそうです。

日焼け具合からボードの持ち方まで完璧なのに、何故か水の中には入りません。

彼らの古典的なセリフは、「今日は天気が悪くて、波が高いから」であり、ひたすらボー

ドを持って砂浜を流したそうです。

☆さて、「五合目ボーイ」ですが、目的は山ガール(初心者)なのか、ただひたすら五合目

で目立ちたいのか(国際色豊な場にもなってます)。まあそんなところでしょうが、

私は歓迎です。

彼らはある日ふと思うんです「今日は暇だから、6合目ぐらいまでちょっと・・・」

ありがとうございます。きっかけなんてどうでもいいんです。

次は7合目の山小屋でコーヒーでも飲んでください。登った人だけが語れるのが山です。

「今日は暇だから・・・」

名クライマー誕生の、きっかけとなる一言かもしれません。

そらのした富士登山の特徴はこちら

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る