富士登山の遭難事故【迷子になりますか?転倒しますか?】

~遭難事故原因のトップ2を克服しよう!~

山での遭難事故の原因なんですが、なんと80%が「迷子」と「転倒」なんです。

つまり、「迷子にならずに転ばない」でいられれば、遭難事故の80%が回避できるということなんですね。

「えっ、富士山で遭難事故なんてあるの?」

登りも下りもほぼ1本道で、初心者でも5合目から気軽に登っているのが富士山です。

山小屋へ向かうバスツアーなら、1台分のお客様をガイドと添乗員の二人でさっさと案内していきます。

確かに、遭難事故とは無縁そうですよね。

ところが、迷子も転倒も毎年減るということがないんです。

その大きな原因の一つが、登山される方のほとんどが初心者、初級者だということです。

初心者、初級者の味方である私としては、これは放っておけません。

「迷子になんかしませんよ! 転倒なんかさせませんよ!」

富士山は救護所や山小屋、管理センターなどが他の山に比べて数多く有り、いざという時は頼りになります。

でもまず、「いざという時をつくらない」のが登山の鉄則です。

さあ、一緒に富士山登山での迷子と転倒を克服しましょう。遭難事故の80%を回避してしまいましょう。

心理面から見る遭難事故原因

ところで皆さんは、『正常性バイアス』という働きをご存知でしょうか?

人の心の中には、危険をあえて認識しようとしない、という不思議な働きがあります。

それが正常性バイアスです。

つまり皆さんの心って、デリケートでありながら実は意外と鈍感にできている(失礼!)ということなんです。危険に直面しているのに、それを避けようとすることも、しまったと思って後戻りすることも、なんか面倒になってやらないんですね。津波などの災害時にも、これがネックになって大きな被害が出てしまうんだそうです。

そうです!富士山登山での「迷子」にも「転倒」にも、こいつが大きく絡んでくるのです。

『 迷子になりますか? 転倒しますか? パート② 』では、この正常性バイアスを逆利用して、まず「迷子」をやっつけます。ご期待下さい。

..   私はこの正常性バイアスってやつがどこか憎めないんです。「緊張するなよ、気楽に行こうぜ」っていう、心からのメッセージだと思うんですが……

そらのした富士登山用品レンタルの特徴はこちら

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る