「スノーシュー」と「わかん」の違いと選び方

雪山登山(冬山登山)情報登山道具紹介HOW TO そらのした

そらのしたコボです!
今日は、お客様よりご質問が多い「スノーシュー」と「わかん」の違いと選び方について、ご説明致します。

スノーシューとわかんに向いている用途とは?

どちらも雪山を歩く際に、浮力やグリップを稼ぐために使用しますが、スノーハイキングでは「スノーシュー」雪山縦走登山では「わかん」を使用する場合が多いです。

平地や斜度があまり無いところや、軽く乾いた雪で快適な歩行ができるのはスノーシューの方になります。

斜度があり、高度・天候によって雪の状況が変わる登山においては、わかんを使う方が有利な場合が多いです。
軽量でコンパクトなので、パッキングにも有利です。

スノーハイキングのツアーなどは、元々のルート設定が「スノーシュー」で歩くことを想定している場合が多いようです。

雪山縦走登山では、斜度がきつい場所や稜線などでも対応しやすいこと、携帯性などが重要になるため、わかんを持っていく場合が多くなります。
凍っている雪の上に新雪が積もっている場所を歩く場合などは、アイゼンをつけたまま装着できるわかんもあります。

スノーシューの特徴

・浮力が大きいので、軽い雪だとわかんより歩きやすいが、湿った深い雪は、ハマって歩きづらい。
・踏み出す際にかかとが浮くため、平坦な場所または斜度が緩めの場所を長い時間歩くのに向いている。
・斜度が大きいと滑りやすい。
・脱ぎ履きが簡単。
・アイゼンが付けられない。
・トラバース(斜面を横切る)しづらい。
・スポーツモデルがかっこいい笑
・デカイ笑
・高い笑

スノーシューのおすすめ機種 3選!

EVO ASCENT/スノーシュー(MSR/エムエスアール)
img

EVO ASCENT/スノーシュー MSR/エムエスアール

 

 

 

 

 

 

 

コンパクトで軽量なのに、専用テイル(オプション)も装着できるため、深雪でも対応できます!
斜面でも対応可能なクランポン(滑り止めの歯)や、ヒールリフトバー(踵を上げるバー)も装備。
様々な種類やサイズのブーツに対応しやすいビンディング(靴との取付具)を装備。
初心者やレディスでも取り回しのしやすい大きさと軽さで、スポーツモデルとしては汎用性の高い機種。
そらのしたのレンタルでは収納バック付でお貸出し致しますので、携帯性も抜群でバックカントリーでの雪山登山にももってこいで、当店そらのしたで一番人気のモデルです。

バインディング;ポジロックATバインディング装備
サイズ;20.3×56.5cm ※22インチサイズ
重量;約1845g

REVOエクスプローラー22  (MSR/エムエスアール)

REVOエクスプローラー22/スノーシュー MSR/エムエスアール

EVOより強力なクランポン(滑り止めの歯)と前爪を備え、どんな斜面、どんな状況でも安定したグリップをします。
甲とかかとの2点で締め付けるので、素早くそして簡単にバインディングできます!
ヒールリフトも付いていて、長時間履いても疲れにくい仕様なため、バックカントリーでの雪山登山にももってこいです。
クランポンが外側についているため、強力な登攀力がありますが、初心者の方には引っかかって歩きづらい面もあります。
そらのしたのレンタルでは、一緒にスノーシューバックをお付けしていますので、携帯にも大変便利です!
なお、MSRの「エクスプローラー系のビンディングは、素材が硬く小さめのため、甲の高いブーツ・大きいブーツなど、ブーツの種類やサイズによっては装着できないことがあります。

バインディング;ハイパーリンク バインディング
サイズ;20.5×56cm ※22インチサイズとなります。
重量;約1.76kg

モンテイン エレクトラ 23 ATLAS/アトラス

モンテイン エレクトラ 23 ATLAS/アトラス

レディス向けスノーウォークから本格的な山岳踏破まで対応可能なオールラウンドモデルです。
ヒールリフトが付いているので傾斜時の足運びも楽々。
しっかりと足首の可動範囲があるのにスノーシューの跳ね上がりが少なく、雪の跳ね上げが少なくて結果として軽い足運びが可能です。
大きくて長いスノーシューは、浮力は大きいですが、体格や体重にあっていないと、とても歩きづらくなります。
モンテイン エレクトラ 23は、女性向けに少し歩幅が狭くても楽なシェイプ。
体重が軽く、柄な女性を想定したショートタイプです。

【重量(ペア)】1.44kg
【サイズ】58cm
【適合荷重】36~73kg

わかんの特徴

・浮力が小さいので、乾いた軽い雪だとハマりやすい。かわりに深い雪でも足の運びがラク。
・斜度があっても歩きやすい。
・脱ぎ履きが面倒。
・アイゼンが付けられる。
・トラバース(斜面を横切る)がしやすい。
・どれもデザインがほぼ同じでかっこよくない笑
・軽量でコンパクト。
・安い笑

わかんのおすすめ機種 2選!

わかん トレースライン

MAGICMOUNTAIN/マジックマウンテン わかんトレースライン

本格冬山登山にはこちらのモデルがオススメ!
森林限界以上の高所を目指す方にはわかんですね!このトレースラインは前方が曲がっていて斜面に妨げられないタイプです。
マジックマウンテンのわかんはベルトが締めやすくて、どんな靴にもフィットしやすい。
また、ベルトが緩みにくく、グラつきにくいので安定感があります。

●素材:アルミフレーム、ステンレス歯、ステンレススクリューナット、ナイロンベルトストラップ、ハイパロンラバーベルトデッキ
●サイズ:M 長さ42 幅19(cm)/L 長さ45 幅19(cm)
●重量:M 460g(片方)/L 480g(片方)

ライトアルパインスノーポン montbell/モンベル

ライトアルパインスノーポン montbell/モンベル

わかんとスノーシューの良いとこ取り!
普通のわかんより操作性が良く、それでいてわかんと同程度の軽量性(両側で1.15kg)。
スノーシューと同じくらいしっかりとしたクランポン(歯)が装着されていて、この軽量性。
わかんの新しいスタイルです。

【素材】フレーム:6061アルミニウム合金/クリート:SK5炭素鋼/ビンディング:エラストマー、ナイロン
【重量】1.15kg(ペア)
【サイズ】長さ46cm

今日はここまでです。
ではまた次回!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました