富士山の絵のギザギザの謎【富士山の絵に隠れているトリビア】

美しい富士山が見られる季節がやってきました。

富士山はしっかりと降雪した11月後半から雪解けが始まらない3月までが一番美しいです。

夏の富士山を見ても雪が無くて白い部分が無いので、「富士山はどこに見えるんですか?」と聞かれるくらい、冬の富士山の姿が多くの人の富士山の姿として印象付けられています。

さて、そんな富士山を絵で表すとき、多くの人が山頂を平にして、山の上の部分を白く塗り、下の部分を青く塗り、白と青の境界線をギザギザ線で表すと思います。白は雪、青は山肌を表しているのは分かりますが、ギザギザするのは何故でしょうか?その理由を解説します。

富士山のイラスト1

富士山の境界線をギザギザで表しているのは、実は○○

見た目通り、ギザギザするからギザギザ線書いているんでしょ?と言ってしまえばその通りですおで元も子も無いのですが、今回は何故そうなるかを説明します。

白い部分が雪で、青い部分が山肌。これ自体は正解です。

白い部分、つまり雪が見えてる部分がギザギザしてるんです。

この「見えている部分」っていうのがポイントです!

白く見えている部分というのが、木がない部分です。木が無くて邪魔するものが無いので山肌に積もった雪が直接見えてます。逆に青くなる部分は木がある部分です。木があるので積もった雪は木で隠れてしまって見えません。木の下に積もってます。

この木が有る部分と無くなる部分の境目を表しているのが白と青のギザギザです。これを専門的に言えば「森林限界」という言葉を使います。

森林限界は一定の高さで区切れない

ここで一つ疑問に思いませんか??

なぜ一定の高さじゃないんだろう?と

木が有る部分と無い部分が一定の高さであれば「ギザギザ線」でなく「直線」になるはず!?

実はこの「森林限界」。厳密に○○mときっちり区切れるものでは無くて、バラツキがあります。

よく言われるのが北海道の森林限界は1000m台で北アルプスだと2000m台、南アルプスでは2000m後半といった形で地域差による森林限界高さの違いを言われますが、富士山のような一つの山であっても森林限界の高さをどこか一定の高さで区切ることができません。

その理由は富士山にある尾根と谷です。

もしも富士山がすり鉢のような完璧な円錐をしていたら、森林限界がどこかの高さできっちりと区切れて、白い部分と青い部分は直線になるでしょう。(厳密には横一線ではなくやや斜めの線になりますが・・)

富士山のような美しい山でも、表面は尾根と谷があり凸凹しています。この尾根と谷の凸凹によって日の当たりが異なったり、地面の乾燥具合が異なるため、木が生えやすい場所、木が生えにくい場所ができてきます。このため、森林限界は一つの山でさえ、一定の高さに区切ることができず、結果として富士山の絵の白い部分と青い部分によって、森林限界のギザギザと表現されるわけです。

冬の富士山

富士山の境界線がギザギザしない時期もある!?

富士山の絵の白い部分と青い部分のギザギザの理由が分かったところで新たな情報として、実は「ギザギザが出ない時期」があります。ほんのわずかな期間だけギザギザが出ない時期が。それは10月後半から11月前半の僅かな時期。それをお目にかかれたら大変ラッキーですね。

一応前述する理論が基本で影響しています。全部解説してしまうと面白みが無くなってしまうのでこの辺までで。

富士山を眺めていると色々な美しさがあることが分かります。

そらのした富士登山の特徴はこちら

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る