クッカーの使い方や使用後のメンテナンス方法紹介

キャンプの初心者向け基本情報キャンプ用品紹介登山・山登り

キャンプや登山、アウトドアを満喫する中でもごはんは必須。食べるときはもちろん、作るときから料理は楽しいですよね。

自然の中で食べるごはん、料理はお家とは違う雰囲気を感じられて格別。

アウトドア料理をするとなればもちろん料理器具は必須。

ダッチオーブン、BBQコンロ、ガスバーナー、クッカー等々、他にもたくさんあるかと思います。実際に使用したこと、見たことがない人にとってはどのアイテムもピンとこないかもしれませんね。そんな方々に向けてアウトドア料理器具の使用用途を紹介していきたいと思います。

アウトドア料理器具は様々ありますが今回は特にクッカーについてご紹介します。

キャンプでも登山でも使用でき大活躍する便利アイテム!それがクッカーです。

本日はクッカーについての紹介、使用方法、また使用後のメンテナンス方法についてご紹介します。

×クッカーの紹介×

クッカーとは

クッカーとは何か?そもそもどんなものか知らない人もいるかもしれませんので簡単に紹介します。

クッカーとは(コッヘルとも呼ばれる)キャンプや登山等アウトドアシーンで使用する携帯用小型調理器具です。

img

様々なメーカーからクッカーが発売されていますが基本的にクッカーの形に大きな違いはありません。

しかし、クッカーには素材による特徴があり用途によって、選ぶクッカー(素材)が変わってきます。

クッカーの種類(素材)

クッカーの素材は主にアルミニウム、ステンレス、チタン3種類の素材いずれかで作られているものが多いです。

それぞれの素材で作られたクッカーには特徴があり用途に合わせて使用したり好みのクッカーを選ぶポイントにもなります。

どんな特徴があるのか紹介します。

[アルミニウムクッカー]

家庭用のアルミニウム製の調理器具同様、表面にアルマイト加工やスミフロン加工を施してある。熱伝導率が高いため燃料の節約になるほか、焦げ付きにくく炊飯にも適しており、安価で軽量なこともあって最も一般的な素材。表面加工は強い衝撃などによって傷が付くと剥離してしまい、そこから錆が進行するため取り扱いには注意が必要。ステンレスのように金たわしやクレンザーで乱暴に磨くのは禁物である。錆が発生してしまったときには薄い酸性の液体で煮沸して錆を取った上で牛乳を煮ることによって新たな皮膜を作り応急処置とする。

[ステンレスクッカー

硬くて耐久性がある一方、熱伝導率がアルミに比べて低いため焦げ付きやすいという欠点がある。また重量があるため軽量化を追求する場では敬遠される。耐久性が高く、焦げ付いても金たわしやクレンザーで気軽に磨くことができ、家庭用品と殆ど変わらぬ感覚で使用できる。酸に弱いため、酸性の液体を入れっぱなしにするのは禁物である。

[チタンクッカー]

硬くて軽量だが、加工が難しく希少な金属の為ステンレスやアルミに比べて高価格である。熱伝導率が低く、ハンドル部分が調理中に熱くなりにくい、調理後そのままコッヘルに口をつけても火傷しにくい等のメリットがある一方、燃費が悪く調理に時間がかかる、炊飯に使用する場合にある程度の経験が要求されるなどの短所がある。

素材によって値段や熱伝導率、使用後のメンテナンスが変わってきます。

どの素材にも共通して注意しなければいけないことがあります。

クッカーは家庭用の調理器具に比べて肉薄に作られていて空焚きをすると容易に破損してしまうため、空焚きは厳禁です。

クッカーを使用する際は充分に注意してください。

×クッカーの使用方法×

クッカーの使用方法として料理する際は基本的に家庭用調理器具の鍋、フライパンと同じと考えていいと思います。小型であることからクッカーで作った料理をそのままたべることもできお皿の節約にもなります。キャンプや登山ではクッカー1つで様々な役割をこなす事ができるので持ち運ぶ荷物を減らすこともできます。

×クッカーの使用後メンテナンス×

様々な用途で使用できるクッカーですが使用した後はもちろんお手入れが必要です。

メンテナンス方法については家庭で使用している鍋やフライパンを洗うのと同様に洗剤やスポンジで汚れを落として乾燥させる。です

流れとしてはこれだけですがクッカーをメンテナンスするうえで気を付けなければいけないポイントもあります。

それはクッカーの内側に施されたコーティングを傷つけない事です。

クレンザーや金ダワシを使用するとコーティングに傷をつけてしまいそこからさびにつながる原因となってしまいます。

また、洗った後の乾燥はしっかりとしましょう。アルミクッカーに関しては他のクッカーにくらべてさびやすいので特に注意が必要です。

クッカーのメンテナンスをする際は共通して以上のことに気をつけましょう。

×最後に×

ここまでクッカーについて紹介してきました。

クッカーとは持ち運び便利!様々な用途で使用でき便利!とアウトドアでは欠かすことのできない必須アイテムといっても過言ではありません。

素材の特徴を考慮したり自分の好きなメーカーからクッカーをみつけてアウトドアを楽しむ大切なアイテムとしてクッカーを手に入れることができれより一層アウトドアを楽しむことができると思います。

それではごきげんよう!

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました