富士登山の初心者向け基本情報 登山・山登りの初心者向け基本情報 HOW TO そらのした

トレッキングシューズ(登山靴)のサイズの選び方

投稿日:2015年04月30日 更新日:

こんにちは!
そらのしたスタッフのコボです!
今日も、お客様からの質問にお答えいたします!

Q.トレッキングシューズ(登山靴)を初めて履くのですが、サイズはどのくらいを選ぶといいの?
A.いつも履いている靴(スニーカーや革靴など)より、0.5(通常の厚みの靴下の場合)~1cm程度(厚手の靴下の場合)大きめを選ぶのがお勧めです。

★トレッキングシューズの役割

トレッキングシューズでなによりも大事なのは、「つま先に空間を残す」ことです。
よくお客様に「トレッキングシューズは、登りでグリップするためでしょ?」と聞かれます。
確かに、ソール形状や素材により、普通の靴より、グリップは良いです。
また、外殻がしっかりしているので、捻挫などもしにくいのも確かです。

でも、実はトレッキングシューズが本当に真価を発揮するのは、「下り」なんです!
下りは、普通の靴だと、一歩踏み出すたびに、つま先が靴に当たります。

すると、最初はいいのですが、少しすると、もう痛くて一歩も歩けないほど痛くなってきます。ひどいと、爪が全て死んでしまったり、もっと恐ろしいのは痛くて下山すらできなくなることです。

トレッキングシューズは、山を下りる際に、硬めの外殻と、ぎゅっと締めつけられる丈夫な紐をうまく使うことで、甲全体で体重を支えることができます。
この機能によって、常につま先に空間を残せるため、つま先が痛くならないのです。

★トレッキングシューズはなぜ0.5~1cm大きめか

登山時は、厚めの登山用靴下がお勧めです。
イメージとしてはスキーの時に履くような厚みの靴下です。
クッション性があり、靴の形状ともフィットしやすくなります。
よく靴擦れが起こってしまう方はそもそも靴下が薄い場合や靴紐を甲の先からきつく結んでないため靴の中で足が遊んでしまい靴擦れが起こります。そうならないためにも厚い靴下でトレッキングシューズを合わせることが大切です。

普段より厚めの靴下を履く必要がある為、これですでに5mm程度大きくなります。
そして、肝心の「つま先に空間を残す」ため、さらに+5mm大きめを選ぶわけです。
トータルとして、通常の靴より、+1cmとなる訳です。

登山では、厚手の登山用靴下がおすすめですが、通常の厚みの靴下を使うようであれば、0.5cm程度大きめを選んでください。

※トレッキングシューズを試着する際には必ず本番の靴下を使って試着しましょう。良くある失敗として、試着の時に薄い靴下で履いて、本番登山の時には厚い靴下を購入したためにつま先が痛くなったりすることがあります。

そらのしたでは、調整用の中敷も標準でセットしてお貸出ししていますので、多少大きかったかな?という場合は、こちらを靴とインソールの間に入れてご使用いただくことで、足先が薄めの方もフィットさせられるかと思います。

トレッキングシューズをはじめ、本格的な登山用品は、正しい履き方や使い方をしないと、真価を発揮してくれません。

そらのしたでは、レンタルの際、トレッキングシューズをはじめ、登山用品に関して、正しい使い方のコツを書いた「登山のしおり」をお付けしています。
初めての方でもバッチリですので、ご安心ください。
関連記事

トレッキングシューズ(登山靴)の選び方はこちら
「トレッキングシューズの正しい履き方と素材」はこちら

 

動画での解説もご用意しています。

実は選び方より大事!?トレッキングシューズの正しい履き方!

足が痛いと登山が台無し!正しいトレッキングシューズの選び方!!

では、今日のHowToそらのしたはここまでです。
まだ次回!

登山用品のレンタルなら「そらのした」

富士登山用品のレンタルなら「そらのした」

-富士登山の初心者向け基本情報, 登山・山登りの初心者向け基本情報, HOW TO そらのした
-, , , , , , , , , , , ,