富士登山の天気【気を付けたい雨・雷・風対策】

そらのしたコボです!
今日のHowToそらのしたは、「富士登山の天気」についてです。

こちらも併せてチェック
富士山の天気

キャンピングライフの「成果」は、想像以上に豊か。(写真は河口湖)

★富士登山と天気

富士山は、登山シーズンの7~9月上旬の短い時期だけ、最低気温の平均が氷点下を上回ります。
夏の天候が安定している時期は、普段登山をしない方でも、天気が安定していれば登ることができる難易度ですが、あとの9か月間は、毎日のように氷点下の風と氷の世界で、たとえベテランの登山家であっても、難易度が高い山となります。
夏季の富士登山シーズンであっても、8月の気温は、東京都心の真冬の気温とほぼ同じですので、充分な防寒着が必要です。
7月頭~中旬は、梅雨時期でもあり、天気があまり安定せず、雪が残っていて開山が遅れることもあります。
梅雨が明け、高気圧が張り出すと、安定した天気となりますが、逆にだんだんと雷の発生が多くなってきます。
また、台風の平地よりも、遮るものがないため、台風の影響を受けやすいので、台風前後は、より注意が必要です。

★富士登山での雨と雷

富士山は単独峰のため、周りに遮るものがありませんよね。湿った暖かい空気が富士山にドンとぶつかって、急激に積乱雲が発達します。その積乱雲が突風を伴って、強い雨と落雷を発生させます。
そのため、他の山でも同じですが、天気の急変に対応できる準備と、雷発生時の避難場所や対処の仕方を、事前に頭に入れておく必要があります。
また、安いビニールのカッパなどは全く役に立たないため、登山用のレインウェアなどの準備は必ず行いましょう。
雷ですが、昼過ぎから夕方にかけて起きやすく、時には早朝に起きることもありますので、頭に入れて計画しておくのが良いでしょう。
また、雷の落ちやすい場所は過去のデータから知ることもできるので見ておくといいでしょう。

★富士登山での風

富士山は、ほぼすべて森林限界から上を登ることになりますので、遮るものがないため、風が吹くとさらされ続けます。風が吹くと、体感温度がぐっと下がる ので、防寒への備えが大切です。登山シーズンでも山頂の平均風速は7m/sを超え、天候によっては20m/sを上回ります。吹き飛ばされる場合だってあります。
また、落石の危険も増してきます。
そんな時は、滑落の危険が高いお鉢巡りはもちろん、富士登山自体を中止する決断も必要です。

今日はここまでです。
では、また次回!

そらのした富士登山用品レンタルの特徴はこちら

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る