初心者向け富士山登山の所要時間は?


山登りの初心者が富士山に登る場合に気になるのはその所要時間です。心構えとしてもまた実際に登る前の準備物も所要時間がどれくらいかで決まってきます。富士山登山のルートは、複数のルートがあります。

それらのルートによっては初心者向けの登りやすい所要時間の短いルートや所要時間がかかるルートに分かれています。今回は3つのルートの所要時間や特徴についてまとめてみました。

富士登山山頂の様子

富士登山山頂の様子

富士登山吉田ルートの所要時間(登り・下り)

富士山登山の吉田ルートは登山口までのアクセスが良好で、富士スバルラインから登山道が始まります。実際に富士山登山に挑んでいる人のうちの約半数は吉田ルートを選んでいますので、初心者向けのルートと言えます(富士山登山をしている人の内およそ50パーセントは初心者と言われています)。

吉田ルートは4つのルートの中で売店や救護所、山小屋が一番多くあるルートの為、初心者でも安心して登ることができます。

吉田ルートの登りの初心者の場合の所要時間は5合目から頂上まで平均7時間です。山小屋は登りに11個あります。一方下りは4時間程度で下ることが可能になりますが、山小屋はほとんどないので注意が必要です。

富士登山須走ルートの所要時間(登り・下り)

富士山登山須走ルートは、富士山の東側から登るルートで、登りルートはスタート地点が標高約2,000メートルの地点からスタートします。6合目付近にある古御岳神社前から樹林の中を進んでいくのが特徴です。それぞれ30分おきに山小屋があり、トイレの利用も可能です。一方下りルートは登りと違うルートを下っていきます。下りの注意点は、7合目から砂利の道になりますので転倒注意です。また、6合目付近は夜になると何も見えなくなるの為、夕方以降に6合目付近を下山する場合はライトの装備が必要になります。

初心者の場合の所要時間は登りが7時間30分程度で下りが5時間程度になります。

富士宮ルートの所要時間(登り・下り)

富士宮ルートは、富士山の南側から登るコースで、標高およそ2,400メートルの地点が5合目になり、その地点から登り始めます。距離は短いのですが、その道は全体的に斜面が急になっており、また6合目あたりから岩場が増えてくるコースです。また、登りと下りが同じ道になっているため譲り合いが必要になります。

ただ、15分から25分おきに山小屋があるため、急斜面や岩場に気を付ければ初心者でも問題なく登山しやすいでしょう。

登りコースは3つのコースの中で一番所要時間が短く、初心者でおよそ6時間~6時間半で、頂上まで登ることが可能です。これに対して下りコースはおよそ4時間30分ほどで下山が可能になります。

【番外編】御殿場ルートの所要時間(登り・下り)

御殿場ルートは富士登山のルートの中で最も難しいルートと言っても良いでしょう。登り始めとなるスタート地点標高が他のルートより低いためかなり長い距離を歩くこととなります。標高が低い分、他のルートでは感じにくい富士山の植生を感じることができるため大変貴重なルートでもあります。

距離が圧倒的に長く所要時間の幅も大きくなりやすいです。登りで8~10時間。下りは5~6時間といった時間になります。

トップへ戻る