便利なローコットやハイコットを使ってみよう!!組立画像付きで分かりやすい(^o^)b

こんにちはぁぁぁぁぁぁぁ(‘◇’)ゞ

そらのした「」です!!ヘヘッ

着々と夏が近づいておりますw(≧▽≦)ワクワクワクワク

キャンプやBBQ、海遊びに川遊び・・・・etc

夏を楽しみたくてウズウズしてるのは私だけでしょうかぁ!?!?!?( *´艸`)

想像するだけで顔がニヤけてしまいます(笑)

実は私、キャンプでコット(ベッド)を使ったことがありません( ゚Д゚)

ということでコットについて調べてみることにしました!!!

そして次のキャンプでは絶対に使います(^O^)/ 宣言します(笑)

コットってな~に~??

コットとは、主にキャンプ用の折り畳み簡易ベッドのことです。体が地面から離れているため、冬の冷気や夏の地熱を受けることなく快適な睡眠をとることができるのです。

砂利や凸凹の地面でもへっちゃらv(*^▽^*)v

どんな場所でも気にならないのがコットの魅力です。

基本的には、簡易ベッドとして用いられるコットですが、その他にも、テントの内外で物を置いたり、外でベンチのように使用したりすることができます。

キャンプだけでなく庭先やベランダ、ベッドとして家でも使用できます。

ホテルなど宿泊施設でお子様のベッドとして使用するのもありですね!!

コットには「ハイコット」「ローコット」の2種類があります。

※そらのしたではヘリノックスのハイコットがレンタル出来ます!

☆ローコット

■メリット

・コンパクトで軽い、かさばらない
・設営に力がさほど必要ではない
・高価なものはコットがテントに変身(サーマレスト)するものもあり、マットレスが無くても疲労が溜まりにくい。
・ビジネスホテルなど旅先で使用できる。←(子どもと添い寝プランなどで、コット持参で快適に過ごせるかも)

■デメリット

・シェルターで使用する場合、地面に直接設営すると高さが低いため冷気や熱気の影響を受ける。
・子どもに毛布などを掛ける場合、地面に接地して汚れることがある。
・起き上がって靴を履いたり、寝転んだりしにくい。
・コットの下に物を収納できない。

ハイコット

■メリット

・高さがあり、寝転んだり起き上がりやすい。
・冷気や熱気の影響が少ない。
・下に物を置ける、収納が付いている製品が多い。
・ベンチとしても使用可能。
・毛布なども使用でき、地面に接地しにくい十分な高さ。

■デメリット

・比較的重たくてかさばる。
・テンションをかけながらフレームを固定するため慣れと少し力が必要。

☆商品スペック

【重量】2810g(2930g) ※()内はスタッフバッグ込みの重量です。
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】680×1900×380mm
【収納サイズ】175×175×540mm
サイズは[幅×奥行き×高さ]です。
【耐荷重】145kg
  ※そらのしたでレンタルしているハイコットについてです。

☆組立方・撤収

まずはヘリノックスの動画をCHECK👇👇👇

組立は覚えてしまえばとても簡単です。

その①

まずショックコードで繋がった2本のポールを伸ばしベッドになる部分の両サイドに差し込みます。

その②
次にポール部分に脚をセットします。

その③
レバーがない方の黒い部分を引っ掛け、反対側のレバーがある方も引っ掛けたらレバーをカチッとロックが掛かるまでしっかりと握り締めます。

撤収も簡単に出来ます。
写真にある三か所を押すとレバーが外れます。
あとはポールや脚のジョイント部分を外してバッグにしまうだけ

☆大きさ比較

500mlのペットボトルとテーブルワンチェアワンLハイコットで比べてみました!!
そらのしたでは、ヘリノックスのチェアワンやテーブルワンのレンタルもしています。
それについての記事もありますので良かったら見てくださいね(^_-)

☆まとめ(私の感想です ^曲^ ) てへっ

そらのしたではハイコットがレンタルできるのですが、今回色々試してみて、とてもおススメ出来る商品だと感じました。
例えば雨で地面が濡れている時や、地面に直接置きたくない物などの置き場としても使えたり、寝る時にコットの下に荷物を置いてスペースを広く出来ます。
それからハイコットは地面からの冷気や地熱を荷物が遮ってくれる思います。
何といっても、コットは寝心地抜群です!!
私は5秒で寝落ちする自信100%あります(笑)
更に、お子様が多い場合にはみんなで座ってご飯を食べたり、コットの上でカードゲームをしたりと楽しめるのではないでしょうか(≧▽≦)
組立に関してはコツを掴んでしまえば本当に簡単です。
女の人でも組立られますよ(^_-)b
お子様でも力のある子なら組み立てられるかも!?!?
ということで次回のキャンプでは大活躍してくれることは間違いないでしょう(´▽`*)楽しみだな~(≧▽≦)
スキーウェア・スノボウェア・スノーウェアなどウィンターレジャー用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る