富士登山用のヘッドライトについて

ヘッドライト

ヘッドライト

富士山登山をするのでしたら、ヘッドライトを用意した方が良いでしょう。しかし、本格的な登山をするのが初めてという方の場合は、分からない事は沢山あるかもしれません。
色々なヘッドライトがあるのですが、どのような物を選べば失敗しないのでしょう。命にも関わるかもしれないアイテムですので、慎重に選んだ方が良いです。

富士登山用ヘッドライトとは!ヘッドライトの選び方

富士山登山をする時に選ぶヘッドライトとして、光量がすごく大きい物も沢山あります。明るいのは間違いありませんし、確かに暗闇を明るく照らしてくれる物でしょうから、安心感があるかもしれません。ただしあまりに光量があると、他の登山客に対して迷惑をかける可能性もあります。
さらに軽量でコンパクトな物の方が、体力を削りませんので、良いかもしれません。さらに使用時間はどれぐらいあるのか、チェックしなければならないでしょう。光量は十分だとしても、短い時間しかもたないのでしたら、使い勝手が良いとは言えないかもしれません。
もちろん、雨天時の事を想定して防水もしくは防滴性のあるヘッドライトを選ぶ必要があります。

ヘッドライトはこんなときにも使える

富士登山のヘッドライトは、夜間の歩行時に足元を照らすために使用をします。
また、山では十分な光が確保されているわけではないため、夜間歩行をしないとしても、山小屋内でヘッドライトが必要となります。山小屋ではトイレも小屋から少し離れた場所にあることも多く、小屋までの移動に際してヘッドライトで足元を照らしながら行動すれば安心です。
高価なヘッドライトでは赤色のライトが発光できるものもあります。赤色の光源は波長が長く、より遠くまで光が届きます。遭難時や遠くに離れた人への合図などにも使えますので、覚えておきましょう!また赤色の光は目に優しいため、富士山で満天の星空が出ている場合は、ヘッドライトは赤色に変えておいたほうが星の綺麗さを邪魔しなくなります。

ヘッドライトの予備電池を持っていきましょう

富士山登山を快適に行いたいならば、ヘッドライトは必須のアイテムと言えるでしょう。そして、ご来光目的でしたら夜間歩行が必要となるため、長時間使う事を想定しなければなりません。そうなると、ヘッドライトの電池が、登山中に切れてしまう可能性もあるので、気をつける必要があります。ヘッドライトが使えなくなると、足元が歩きにくくなり、転倒の危険性が増し注意が必要でしょう。
もし長時間、使うのでしたら、予備電池やバッテリーはきちんと準備をしておくと安心です。いざという時に、命拾いをする物ですのできちんと用意しておくようにしましょう。

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る