【キャンプの基本】薪の知識、使い方について

キャンプの初心者向け基本情報キャンプ

キャンプに【】は必ずと言ってもいい関係性を持っています。
夏はキャンプファイヤー、焚火、冬にも薪ストーブとキャンプをする際、薪を使用する場面はたくさんあります。
皆さんは焚火で必要な薪をやみくもに焚火台にくべて(入れて)いませんか?

私は入れていました・・・

初心者キャンパーの方々は私と同じように何も気にせず薪をくべている人は多いと思います。

今日はそんな初心者キャンパーの為に薪についての正しい知識と使用方法を紹介しようと思います。

【正しい薪の知識、使用方法】その①薪の種類

まずは用途に応じて薪を使い分けるために種類とそれぞれの特徴を理解していきましょう。

薪には2つの種類があります。

葉が針のように細い針葉樹、名前の通り平べったい葉広葉樹があります。

薪の種類【針葉樹】の特徴

針葉樹の特徴は火力が強く一気に燃え上がることです。
樹液(天然樹脂)が多く含まれておりよく燃えるのです。よって火を起こしたり、焚火を行う際は針葉樹を使用するのが基本です。
一般的に薪に使用される針葉樹は杉(スギ)、松(マツ)、檜(ヒノキ)です。

杉(スギ)

杉→燃えるのが早く燃焼の勢いが良いので針葉樹の中でもさらに焚きつけにお勧めです。

松(マツ)

松→は樹液が豊富なので火力がとても強く火力を上げたいときにタイミングよく投入するとよいでしょう。

檜(ヒノキ)

檜→高級家具などにも使用される高価なものですが、薪にも使用されます。針葉樹の中でも比較的火持ちが良好です。

薪の種類【広葉樹】の特徴

広葉樹の特徴は燃焼時間が長く熱量があります。
幹の密度が高く火持ちが良く暖める力が高いので、薪ストーブや暖炉に使用するのが基本となります。
こちらも薪に使用される代表的なものを紹介すると楢(ナラ)、椚(クヌギ)、桜(サクラ)などがあります。

楢(ナラ)

楢→ストーブや暖炉で使用される代表的な薪、手に入れやすく値段も安いことからたくさんの方が使用しています。

椚(クヌギ)

椚→広葉樹の薪の中でも火力が高いことから焚き火にもお勧めで燃焼時間も長いことから薪の王様とも呼ばれています。

桜(サクラ)

桜→燃焼時間、熱量は上記の薪には劣りますが、燃焼時には独特の良い香りがすることから好んで使用される方も多いようです。

針葉樹、広葉樹その中でもそれぞれの特徴をよく理解すして用途に応じて使用するとキャンプが快適になりより楽しい時間を作れることでしょう(^^♪

【正しい薪の知識、使用方法】その②薪の大きさ(太さ)

薪を準備する際は大割、中割、小割と3種類の大きさを準備するとよいでしょう。

太割(10〜12cm程度)・中割(6〜7cm程度)・小割(2〜3cm)
当たり前ではありますが小割の薪で焚きつけを行い、火が安定してきたら大きいものを投入していき火を保っていきましょう。
薪の大きさをうまく使い分け使用時間を考慮し調整していくことも焚き火や薪ストーブを使う上でとても大事なポイントとなります。

一般的に販売されている薪¥500前後のものであれば焚き火で3時間程度の量があります。
購入する際もキャンプでの予定をしっかりと立てて必要な量を確認して準備をしましょう。

【正しい薪の知識、使用方法】その③薪の状態

最初に薪の種類についてせつめいさせていただきましたが一番大事なのは薪がしっかりと乾燥している事。

薪は乾燥させる

薪の乾燥には2、3年かかるとも言われています。薪の状態(細かく割った)によってはもっと早く乾燥することもできます。

薪が乾燥していないと??

薪が乾燥していないとどうなるのかについて少し説明させていただきます。
・火付きが悪く、よく燃えない
・火力が弱く、暖かくない
・ススやクレオソート(正露丸みたいな臭い)が付着しやすくストーブなどの煙突が詰まってします。

薪について調べていると実際しっかりと乾燥さえしていればどんな樹種でも薪として使用でき、しっかりと熱量を出してくれます。
薪を調達する際はしっかりと乾燥していることを確認して購入しましょう。

【正しい薪の知識、使用方法】その④番外編スウェーデントーチ

スウェーデントーチ(ウッドキャンドルとも言う)とは丸太を割った薪ではなく丸太そのものに切れ目を入れ、焚き火を楽しめるものがあります。

丸太に切れ目(十字の四等分が多い)を入れ内側から燃やしていきます。
火が安定して燃えるまでは少し難しく中、上級者向けではありますが、一度安定して燃えれば薪をくべる必要もありません。
切れ目から空気が入り上昇することでろうそくのような炎が立ち上がります。

こちらも薪と同じように針葉樹、広葉樹で火力や燃焼時間に差があるので初めての方は針葉樹でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

大きさや樹種によっても違いますが広葉樹のスウェーデントーチであれば夜から朝方までと本当に長い時間燃焼してくれます。

【正しい薪の知識、使用方法】まとめ

簡単ではありますが、薪の種類や大きさによる使用用途について説明させていただきました。
私はスウェーデントーチを使用したことが無いので今回調べたことを機にチャレンジしてみたいと思いました♪

キャンプで焚き火や薪ストーブを使用をされる方は多いと思いますので最低限の知識を知りこのブログを通じて役立てていただければ幸いです。

皆さんのキャンプライフがより楽しい時間になりますように☆彡

それではまた・・・ごきげんよう(^^)/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました