ピッケルを最大限生かすには?【ピッケルの持ち方】

冬山装備の定番と言えるピッケル。そのピッケルも持ち方ひとつとっても色々言われます。ピッケルの特性を活かすための持ち方を解説していきます。

ピッケルのどの部分を持てばよいか?

ピッケルはなんであんなヘンテコな形をしているのでしょう。大変持ちにくいですね。ピッケルの形状に関しては別記事「ピッケルの選び方」で解説しているとして、このヘンテコな形のピッケルを持つにはどこを持てば良いのでしょう。

ピッケル基本の持ち方

ピッケルの基本的な持ち方は人差し指が独立してブレード側となり、中指、薬指、小指はピック側に来るような持ち方となります。親指は置きやすい位置へ。これが基本的な持ち方となります。

鉄に直接触れると実は熱を奪われやすくなります。ピッケルの持ち手の部分は鉄やアルミでできていて、どちらにせよ寒い冬にピッケルを何時間も持っているとそれだけで手の熱をかなり奪い去ります。指の凍傷を防ぐためにも少し工夫をしましょう。

ピッケルの持ち手部分にビニールテープ

なぜ熱を奪うかと言えば、手の熱が容易に鉄に伝わってしまうからです。鉄が熱を伝えやすい物質だからなんです。ということで、熱が伝わりにくい物質を間に挟めば良いのではないかということで多くの先輩方が実施しているのが持ち手で触れる部分にビニールテープを巻くという工夫です。ビニールテープは鉄より格段に熱は伝えにくい物質ですので効果があります。但しビニールテープを巻く厚みが必要になります。暖かくするにはたくさん巻きたいところですが幾らでも厚くできるかと言えば限界がある。各自感じる冷たさと調整してビニールテープの巻く厚みを調整しましょう。

ピッケルに前後ろがある!?

先の尖ったピック側を前に持つのか、後ろに持つのかが状況によって変わります。

教科書的な説明をすると、登りは尖ったピック側を前にして持つ。下りは尖ったピック側を後ろにして持つということになっています。理由としては、転倒時にすぐさまピックを斜面に差し込んで落ちる速度が加速する前に止めてしまえ!ということです。確かに加速がついてから止めるのは不可能な状況があるため、初動で止めることは非常に有効です。

ただ一点、ピックを前にして持つことに実は問題点もあり、万能ではありません。それは次のページの後半にて解説します。

登山用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る