キャンプ場で焚き火をしては駄目って本当?

キャンプ場で焚き火をしては駄目って本当?

Q.キャンプ場で焚き火をしては駄目って聞いたのですが、本当ですか?

A.キャンプ場によってルールが決まっていますが、近年直火(地面に火が直接触れる)での焚き火が禁止のキャンプ場が増えています。
ただし、キャンプ場内でも決まった場所ならOKだったり、直火ではなく焚火台(たきびだい)を使えば良い場合もあります。

なぜ焚き火をしてはいけないキャンプ場が増えているの?

昔は焚き火をしても良いキャンプ場が多かったのですが、近年は禁止のキャンプ場が増えています。
ところかまわず芝生の上や森の中で直火の焚き火を行って下の芝や植生を傷めたりするケース、火の始末や後始末をしっかりとせずに小火(ぼや)を起こしてしまうケースや山火事の懸念、燃えカスやごみをごまかすために埋めて隠してしまったりするケース、などが原因と思われます。

キャンプ場は基本的に管理者または所有者がいる私有地です。
管理地や私有地内ですから、そこで決められいるルールを守らなくてはいけません。

そして、決められたルール以前にマナーの問題でもあります。
キャンプは素晴らしい自然があるから楽しいのです。
自然を守らなければ、その中で遊ばせてもらうこともできなくなってしまいますし、さらに規制を強める結果になってしまいます。

もちろん、焚き火が大丈夫なキャンプ場もあります。
直火での焚き火OK、決められた場所ならOK、焚火台を使えばOK、調理場やかまど以外は全面禁止など、キャンプ場によってルールが決められていますので、予約時や訪問時に確認しましょう。

直火とはなんですか?

地面に直接火が触れる形で火を使うことです。
地面や芝生、植生を痛めたりするので、禁止のキャンプ場が多くなってきています。
キャンプ場に限らず、国立・国定公園内の「特別保護地区」では、学術研究等の特別な例を除いて直火での焚き火は法律で禁止されています。

焚火台を使えば安全で気軽に焚き火を楽しめます

地面に直接火が触れる直火が禁止されているキャンプ場でも、焚火台を使えば焚き火OKな場合もあります。
焚火台は、足元まわりに暖が届きづらいという点は直火に劣りますが、地面や植生を傷めないため自然に優しいだけでなく、火の始末のしやすいので、利用者にとっても安全で気軽に焚き火を楽しめます。

そらのしたでも焚火台をレンタルできます。
焚火台 Mスターターセット snow peak/スノーピーク」は焚火台本体、焚火台のベースプレート、炭床、キャリーケースの4点セット。
気軽で安全に焚き火を楽しめます。

キャンプでの焚き火は、暖を取れるだけでなく、眺めているだけで、なんかとっても安らかで温かい気持ちになります。
火に抱くあこがれと安心感は、きっと原始時代から受け継がれる人類のDNAに刻まれているからなのでしょう。
マナーやルールを守りつつ、ぜひキャンプでの焚き火を楽しんでください!

スキーウェア・スノボウェア・スノーウェアなどウィンターレジャー用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る