千畳敷カール~木曽駒ケ岳 初心者におすすめの情報

こんにちは、アウトドアギアレンタルそらのしたの、システムエンジニアのサカモトです。

普段、マウスより重い物を持つ機会が無い僕ですが、会社の仲間に誘われ、長野県は千畳敷カールにある、木曽駒ケ岳に登頂してきました。


【普段はマウスより重い物を持たないサカモト】

初心者の方のための注意点と、おすすめ装備・服装、千畳敷カールの魅力について書いてみたいと思います。

休日に普通に行くと超混雑しています

千畳敷カールは、1,662m地点にある「しらび平駅」から、2,612m地点までロープウェイで一気に上昇する事が出来ます。

ですが「しらび平駅」と、その手前にある「菅の台バスセンター」の間は、常時マイカー規制がされていて、自分の車で通行する事が出来ません。

自分の車で行く事が出来るのは「菅の台バスセンター」までです。

なので通常のルートとしては、

・「菅の台バスセンター」まで自分の車で行く。
・そこからバスで「しらび平駅」まで行く。
・ロープウェイで「千畳敷駅」まで行く。

これが通常のルートなのですが、ひとつ問題があり、休日はバスがめちゃくちゃ混みます。

「菅の台バスセンター」の時点で物凄い行列が出来て、バスも当然、乗車数に限界がありますから、数時間待ちもよくある話です。

バスでロープウェイの駅まで辿り着いても、次はロープウェイの行列が待っています。

休日に普通に行くと、この大混雑に遭遇する事は避けられません。

おすすめは平日。行きはタクシーを予約しましょう

スケジュール的に難しい場合も多いとは思いますが、可能ならば平日に行く事をおすすめします。
平日と休日とで、混雑度が全く違います。

さらに、移動手段も一工夫しましょう。

今回、バスの行列を避け、ロープウェイの待ち行列の最前列に並ぶために、ある意味、裏道的なルートを使いました。

流れとしては、以下のようになります。

・「菅の台バスセンター」まで自分の車で行く。(ここまでは通常ルートと同じです)
・前もって予約しておいたタクシーで「しらび平駅」まで行く。
・ロープウェイで「千畳敷駅」まで行く。

「菅の台バスセンター」から「しらび平駅」までの移動を、バスではなくタクシーに変更するだけですが、大きな違いがあります。
バスの時間は基本的には時刻表通りですが、タクシーであれば出発時刻・到着時刻を調整出来ます。

時期によってバスの始発の時刻は変わりますが、4月中旬~11月上旬であれば7時15分です。

始発のバスが7時40分頃に「しらび平駅」に着きますから、
タクシーで「しらび平駅」に、それより前に着いておけば、始発のロープウェイの行列の先頭に並べる=最速で千畳敷駅に辿り着く事が出来ます。

タクシー会社については、こちらのページに指定のタクシー会社名リストがあるので、そちらをご確認ください。

帰りのルートに関しては、下山時刻が確定しづらくタクシーの予約というのは難しいと思うので、ロープウェイで「しらび平駅」まで戻り、普通にバスで戻りましょう。

行きのルートで「しらび平駅」で購入出来るロープウェイ・バス往復チケットで、菅の台バスセンターまで戻れます。

千畳敷カールのおすすめ装備・服装

時期にもよりますが、今回、僕のチョイスした装備と服装を参考までに書いておきます。

・ゴアテックスレインウェア
・インナーダウンジャケット
・トレッキングポール
・トレッキングパンツ
・登山靴
・ザック

透湿性に優れ、突然の天候不良にも対応できるレインウェアは、登山では必須の装備です。

平地との気温差が大きいので、薄手のインナーダウンも欠かせません。

トレッキングポールは、特に登山の後半、体力が尽き果てた自分の体を支えるのに本当に役に立ちます。

パンツは、ジーンズなどだと動きづらいので、柔らかい素材のトレッキングパンツがおすすめです。

靴は、ソールがしっかりして滑りづらい登山靴が欠かせません。

登山用ザックは、日常用のリュックとは違ってハーネスやストラップで体にしっかりとフィットさせる事が出来て、収納力もあり、負担を感じずに背負う事が出来ました。

上に書いたアイテムは、アウトドア用品がレンタルできるWebショップ「そらのした」の「富士登山セット」に含まれています。
富士登山セットという名前ですが、もちろん富士登山以外にも使えますよ!

トレッキングパンツは別途、単品でレンタル可能です。


はじめての富士登山セット 選べるコーディネート(レディース)


はじめての富士登山セット 選べるコーディネート(メンズ)


トレッキングパンツのレンタル

千畳敷カールの魅力・絶景


ロープウェイの駅から出て、数歩歩くと、もうこの光景!

氷河が削り取った独特のカール地形が美しいですね。


山の中腹に、唐突に出現したサル。意外と可愛かったです。

やはり、ロープウェイで一気に2600メートルまで上がれるというのは、他に無い、すごく魅力的な場所でしたね。

普段全く運動していない僕のような人からすると、特に前半はきつい岩場が多く、しんどかったですが、乗り越える価値はありました。

休んでは歩き・休んでは歩きして、一緒に登った会社の仲間たちの中では一番ペースが遅く、常に最後尾を歩いていましたが、それでもなんとか登頂出来ました。


なんとか登頂成功の図。

写真では笑顔ですが、この時、体力の限界が来ていて、
「同じ距離また戻るの…?
体力もう尽きてますけど…?
頂上からロープウェイで戻りたいんですけど…?」
と思っていたのは、ここだけの話です。

※木曽駒ケ岳の頂上からロープウェイは出ていません。


みんなで登頂成功!

千畳敷カールから登頂できる山は複数ありますが、慣れていない方は、まずは木曽駒ケ岳がおすすめです。

千畳敷の風景は、日常とかけ離れた場所にある絶景です。
これだけの絶景に、ここまで簡単にアクセスできる場所は、国内ではそうそう無いと思います。

しっかり準備して、一生の思い出に残る登山をお楽しみください!

登山用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る