【トレッキングポール・ストック】スノーバスケットとは?

スノーバスケットの役割

スノーシューを使ったスノーハイキングやピッケルが必要ない程度の雪山登山、バックカントリーでのスキーやスノーボードでトレッキングポール(ストック)を使う場合、そのまま使用すると、雪にズボッと潜ってしまって、使いづらいですよね。

転倒して起き上がるとき等も、抵抗が無いと、雪に潜ってしまって体重をかけられず、立てない場合があります。

そこで、積雪期のトレッキングポールに、潜り止めとしてスノーバスケットを装着します。
もちろん付けても深い雪では潜りますが、抵抗が多少なりとも増して、雪に潜りづらくなります。

後付け・取り外しができるスノーバスケット

トレッキングポールによっては、メーカーのオプションとして、スノーバスケットが後付け出来るようになっています。
お持ちのトレッキングポールが後付けでスノーバスケットを装着できるタイプなら、積雪期にはスノーバスケットを用意しておくと良いと思います。
雪がない場合や邪魔に感じたら、外すことも出来ます。

ブラックダイアモンドのスノーバスケット

Black Diamondのトレッキングポールは積雪期でも一級品の使い易さ

トレッキングポールでは、とてもファンが多いブランド「Black Diamond(ブラックダイアモンド)」。当店そらのしたでも、スタッフ・お客様ともに大好評です。

積雪期にBlack Diamondの「アルパインFLZ」にスノーバスケットを付けて使ってみると、その使い勝手の良さに驚きます。

グリップの滑らなさ、スノーバスケットから石突き(先端)までの長さ、振出した時のスイングウエイト、収納性と強度のバランス、どこをとっても使い易さ抜群で一級品。イチオシです。

さあ、いつものトレッキングポールにスノーバスケットを付けて、白銀の雪山に出掛けましょう!

スキーウェア・スノボウェア・スノーウェアなどウィンターレジャー用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る