レンタル時の保険と保証金

こんにちは!
そらのしたスタッフのコボです。
今日もお客様からの質問にお答えいたします!

Q.レンタル申込み時に選ぶ「保険」と「保証金」ってなんですか?
A.保険は掛け捨ての「商品損傷補償保険」、保証金は「一時お預かり金」です。
レンタルお申込み時に、どちらか一方をお選びください。

★保険と保証金

保険はご加入いただくと、商品破損時に、お客様のご負担がなくなります。
ただし、破損のみの補償となりますので、紛失にはご注意ください。
紛失(部分紛失含む)がある際には、保険に入っていても、商品の再購入代金を追加でご請求させて頂く形となります。

保証金は、あくまでレンタル商品のデポジット(預かり金)として、一時的にお預かりするお金です。
レンタル代金を銀行振込でお支払いいただいた場合は、レンタル返却後、破損や紛失等問題が無ければ、ご指定いただいた口座にそのままご返金させていただきます。
ただし、破損や紛失等がある際には、商品再購入代金・修理費等を保証金より頂きます。
(高額になる場合は追加となるケースもごさいます)

クレジットカードご利用で保証金をお選びいただいた場合、レンタル前に一度保証金を含んだ合計額にてカード枠を確保させていただきますが、レンタル返却後、破損や紛失等問題が無ければ、保証金を引いた額のみをご請求させていただきますので、保証金分は請求されません。
(デビッドカードの場合、またカード会社によっては、一度決済される場合がありますが、ご返金処理となります)

★保険加入と保証金はどっちがお得?

そらのしたのアウトドアレンタル用品は、過酷な環境で使うものもあれば、そうでもないものもあります。
また、割と壊れにくいもの、そうではないものなど、状況・用途・商品などによって、違ってきます。

例えばテントでは、整備された芝生の上でのキャンプなら破損はしづらいでしょう。
しかし、石の河原や木の根が生えた森の中などでのキャンプでは、破いてしまったりする可能性はあがりますよね。

登山セットキャンプセットなどのセット商品は、品数が多いので、保険に入っていたほうが気持ち的に楽だと思います。
せっかくのレジャーで、商品に気を使いすぎて疲れちゃうのは・・・楽しさも半減ですよね。

どちらを選ぶかはお客様次第ですが、レンタルする商品と、使用状況を想定した上で、お決めくださればと思います。

今日のHowTowそらのしたはここまでです。
ではまた次回!

広告
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る