冬キャンプでの寝袋選びのポイント


キャンプは、夏の季節だけでなく冬にも行えるものです。しかし他の季節に比べると、きちんとした冬キャンプ装備が不可欠です。寒い季節のアウトドアに適した寝袋選びには、きちんとしたポイントを押える必要があります。寝袋選びのポイントについて知っておきたい情報をお届けします。

冬キャンプの魅力

キャンプというと、暑い夏の季節に行う人は多くいます。しかし実は、冬にもキャンプを行う魅力が存在します。日本は四季折々の自然が楽しめるため、冬にもキャンプが楽しめます。冬キャンプの魅力は、この季節ならではの景色が眺められることでしょう。雪が積もった冬景色は、一見の価値があります。まだ誰も足を踏み入れていない雪原は、神秘的な光景です。

また、寒い冬だからこそ、暖かい寝袋での睡眠は、大変気持ちがいいものです。夏キャンプでは、あまりの蒸し暑さで十分に眠れないこともあるでしょう。冬キャンプならではの魅力を知らない場合状態では、アウトドア通を語れません。一度は冬キャンプを体験してみる価値があります。

冬キャンプだからこその寝袋を特別に準備する必要性

冬キャンプには、アウトドア好きな人たちを虜にする魅力があります。しかし冬の季節で厄介であるのは、寒さ対策です。体温が下がると、健康や生命維持にも悪影響を及ぼします。そのため冬キャンプで油断は禁物です。

特に注意しておきたいのが、キャンプに用いる寝袋です。就寝中には、体温を一定に保つのが重要です。しかしながら冬の屋外となると、氷点下になるケースも珍しくありません。寝袋で必要な体温が維持できていないと、寒さでとても眠るどころではないでしょう。冬キャンプには、この季節にあったタイプの製品を選ぶのが重要ポイントです。夏用など他の季節の寝袋を持っていたとしても、冬にキャンプを行うのであれば、新たに冬用のものを購入した方が賢明です。

冬キャンプ時用の寝袋の選び方

冬キャンプのための寝袋選びでは、注意すべき点があります。重要なのが、最低使用温度の設定です。冬向けの製品であっても、使用できる環境の限界には違いがあります。冬の標高の高い場所など極寒の環境においては、最低使用温度が生存の可能性を分けます。苛酷な場所で冬キャンプを行うなら、できるだけ最低使用温度の低い製品を選ぶ必要があるでしょう。

また、防水・撥水性能も見逃せません。就寝中の保温性能を発揮できているのは、内部に細かい空気の層ができているためです。しかし中まで浸水してしまうと、本来の保温性を発揮できません。冬では寝袋の外側で結露が発生するため、テント内でも寝袋が濡れてしまうケースがあり油断できません。お気に入りの寝袋に、寝袋用のカバーを被せるか撥水加工を施しておけば安心です。

キャンプ用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る