初心者が行く!レンタルキャンプ道具とお手軽ツーリング!!初キャンプ飯編

皆さんこんにちは!!一番好きな麺類はお蕎麦のそらのしたAOです(`・ω・´)ゞ

しかしながら今回登場する麺類はパスタです!!

そう!初のキャンプ飯は、ゆるキャン△の志摩リンと同じスープパスタにします!!

前回のブログにて予告した通り、西伊豆にツーリングに行きキャンプ飯を作ったのでその様子を紹介します!!

道中の写真も載せていくので、楽しみにしていてください!!

①出撃!目的地は西伊豆スカイライン!!

11月16日㈯の午前9時半ごろ、そらのしたのある富士吉田市から出発しました。

天気は快晴!富士山が良く見えています!!

富士見バイパス

大月方面から国道139号(富士見バイパス)を富士山に向かって走ります。

そして国道138号に突き当たったら左折して山中湖方面に向かい、山中湖ICから東富士五湖道路に乗って御殿場方面、須走ICへ向かいます。須走の料金所で東富士五湖道路を降りて道の駅すばしりで休憩しました。

道の駅すばしり

随分と富士吉田側からと富士山の見え方が違いますね。

富士山の湧水

この道の駅では、富士山の湧水を飲んだり容器に入れて持ち帰る事が出来ます。自分もここで空きペットボトルに水を入れて行きます!

休憩後御殿場市街に向かい、国道246号で沼津方面に向かいます!そして長泉ICから伊豆縦貫道等に乗って終点(2019年11月現在)月ヶ瀬ICで降ります。そして国道136号を土肥方面に向かい、途中で右折して県道411号に入ります。

(↓国道136号)

県道411号を5分ほど走ります。青看板が出て来ますので、その通りに右折すると西伊豆スカイラインに入ります。この道は見通しが悪いカーブが多いので注意してください!!

 

②気持ちのいい高原道路!西伊豆スカイライン!!

西伊豆スカイラインは今回通った土肥峠(松原峠)と戸田峠の間の稜線上を走る道路で現在は無料化されています。天気に恵まれれば駿河湾と富士山を一望できます!

キャンプ飯を作る前に少し景色を堪能しました!!

駿河湾と富士山

今回天気に恵まれ、綺麗な駿河湾と富士山を眺めることが出来ました!!

人のいない広い展望駐車スペースの端っこでキャンプ飯を作ろうと思います!!

(↓前に焚火した人でも居たのか、炭が落ちていた。)

③初挑戦!キャンプ飯作り!!

まずは道具を設営します!

【チェアワン】

チェアワンの袋を開けて中身を取り出します。

中身は骨格となるポールと、座面になる布の2種類です。

ポールを組み立てます。ポール内のゴムの張力に身を任せれば組み上がります。

座面を骨格に合体させます。座面の四隅にある差込口にポールの橋を差し組むだけで完了です!!

(小技)背もたれのポールに収納袋端の輪っかを通してから座面を付けると、袋を紛失し難くなります。

チェアワンの完成です!!

【アルミロールテーブル】

続いてアルミロールテーブルですが、これは言葉で説明するよりも写真で見てもらった方が分かりやすいと思います。

このように、広げる→脚の留め具を外す→脚を立てるの作業で完成します!!

【ガスバーナー】

最後にバーナーを用意します。

五徳と脚が一体になっているので、五徳を広げると立ちます。

本体から延びるガス管の先端を、ガス缶の上端と合体させます。しっかりと回して固定します。

 

これでP-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブの完成です!

アルミロールテーブルの収納袋もスパイダーストーブの収納袋も無くならないように、チェアワンに取り付けてある収納袋の中に入れてチャックを閉めます。

 

レンタルした道具の設営は全て完了です!!

続いて調理に移ります!!

ゆるキャン△スープパスタ作り

クッカー(飯盒)、水、バーナー点火用ライター、グリッパー、食材の入ったクーラーバッグを取り出します。食材の一覧は最後にまとめて紹介します。

飯盒にオリーブオイルを引きます。(”まずオリーブオイルはケチケチしなーい♪”って感じでいれると後で脂っこくなって大変なのでほどほどに入れます。)

バーナーのガス管先端のつまみを回してガスを出します。

ガスが出る音がしたら、吹き出し口の近くでライターを点けて点火します。安全のためチャッカマンタイプのものをお勧めします。

明るい場所だと炎は見えません。ご注意ください。

バーナーの上に飯盒を乗せて、あらかじめ切ってきた具材を出します。

飯盒が熱くなったら具材を入れて炒めます。

具材を炒めたら、水を加えます。(量は・・・適当です!)

この後パスタをゆでるので、麺を入れられるくらいあれば大丈夫だと思います!

(ゆるキャン△では150ccと説明されていましたが、正直言って料理するとき一々測っていられないですよね。)

コンソメ(顆粒)を1さじ分加えます。

沸騰したらパスタを入れます。パスタはそのままでは長くて入らないので半分に折って入れました。(イタリアの皆さんスミマセン!)

しばらく茹でます。

多少時間がかかるので景色でも見て待ちます。

パスタが水を吸って水が少なくなってきたら・・・

牛乳を入れます。

 

200ml全部入れました。

 

スライスチーズ1枚を半分にして入れます

最後にパセリと・・・黒コショウを適量振りかけます。

 

これでスープパスタの完成です!!

いただきます!!

本当は作り終わってから書くような話ではないんですが、実は自分は牛乳が嫌いなので「俺これちゃんと食べられるかなぁ・・・」と不安半分で作っていました。しかし!!コンソメのおかげで非常に食べやすかったです!どのくらい食べやすかったのかというと・・・

スープまでしっかりと完食するくらい美味しかったです!!

ごちそうさまでした!!

目的は果たしたので撤収します!

ゴミ1つ残さず綺麗にしてから帰りましょう。

 

④帰路!富士山を眺めながら!!

それでは帰路につきます。ただまっすぐ帰っても面白くないので遠回りして帰ります!

まず西伊豆スカイラインを戸田峠方面に向かいます。そして終点に着いたら県道18号を右折して修善寺方面に向かいます。(↓ここ右折。)

1.4kmほど下ると左側にだるま山高原レストハウスがあるのでそこの展望台に寄ります。

天気が良ければ駿河湾の向こうに沼津の街と富士山を眺めることが出来ます!!

だるま山高原レストハウスからの富士山

他にも色々見られるみたいです。

これから海の方に下って行ってこの辺りを通って↓

↓この山の裏側まで帰ります!

そう思うと結構遠くまで来たものだと、感慨深くなります。

今度は県道18号を戸田方面に向かいます!早く帰りたいという方はここから修善寺方面に下れば有料道路で帰ることが出来ます。

戸田峠を下って戸田漁港に到着しました!!

戸田から県道17号を通って沼津に向かいます!!

この県道17号にも展望駐車場がいくつかありますので、立ち寄りながら帰ります。

戸田を出て5分もせずに”出逢い岬”に到着しました!

ここからは駿河湾越しに富士山と沼津の街を眺めることが出来ます!!

出逢い岬からの富士山

 

反対側からは戸田の町を眺めることが出来ます。

変わった形の地形ですよねぇ。

 

夕日が海へと沈もうとしていますね。この先の道は所々結構狭いので、少し先を急ぎます。

因みに出逢い岬から先は30分程トイレが無いので、不安な方はここで済ませて行ってください。

出逢い岬を出てから10分程進むと”煌めきの丘”に到着します!!

ここも天気が良ければ富士山が良く見えます!

煌めきの丘からの富士山

何やら下へと降りていく遊歩道があるみたいですが今回は時間が無いので先を急ぎます。

本当に日が沈むの早くなりましたね。

煌めきの丘から5~10分くらいで最後の展望駐車場に到着します。名前は・・・謎です。

Googleマップをみても分かりませんでした。

この駐車場からは大瀬崎と富士山を眺めることが出来ます!!

大瀬崎越しの富士山

このあと沼津から国道246号で御殿場まで帰って、東富士五湖道路を使って山中湖そして富士吉田に帰りました。

沼津から先は日が沈んで暗くなってしまったので写真は撮れませんでしたorz…

いかがでしたか?今までのブログは道具の特徴の紹介がメインでしたが、これからはアウトドアギアのある楽しい生活を紹介していけたらな、と思います。

新たな試み故、お見苦しい点もあると思いますが楽しんで頂けたら幸いです。

それではまた次のブログでお会いしましょう!(打ち切りにされなければ・・・ね。)

今回使ったアイテム

チェアワン

アルミロールテーブル(コンパクト) M-3713

P-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブ

兵式飯盒(私物)

Esbitグリッパー(私物)

ホンダシビック TYPE R EURO(私物)

食材一覧

パスタ・1束半

ベーコン・2~3枚

アスパラガス・2本

たまねぎ・半分

にんにく・1欠片

オリーブオイル・適量

水・250mlくらい?

牛乳・200ml

スライスチーズ・1枚

コンソメ・適量(キューブなら1/2くらい)

パセリ・適量

黒コショウ・適量

今日のリザルト

走行距離約220.2km

所要時間約9時間(09:30~18:30)

道具の準備編はこちらから

前回:レンタルしたキャンプ道具と行くツーリング!!準備編

そらのした Twitter    Instagram

 

スキーウェア・スノボウェア・スノーウェアなどウィンターレジャー用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る