2018年11月下旬 秋山キャンプ ダウンハガー800 Women’s #1 ご利用ブログレポート

今回は、2018年11月下旬 秋山キャンプ ダウンハガー800 Women’s #1 ご利用ブログレポート です。

レンタルアイテム

ダウンハガー800 Women’s #1

お客様より

【旅行先、目的】
秋山キャンプ1泊(標高約1,000m/林間キャンプ場/電源付サイト)

【同行された方の人数】
女性(30代/冷え性/寒がり)、子ども8歳
日中10℃前後、最低気温-3℃ぐらい、晴れ

【レンタル品の感想】
今回はキャンプ用品を持たない妹(成人女性)とその子ども(8歳)を誘って
キャンプに行くため、妹とその子供のために寝袋をレンタルしました。
なお、私自身はキャンプ2度目で、1度目は10月中旬でした。
私(注文者/成人女性)はダウンハガー800Women#2を所有しています。
宿泊時には、DODの5人用ワンタッチテントT5-23を用いました。
これはインナーテントの大部分がメッシュで決して寒さに強いものではありません。
妹が冷え性かつ寒がりであること、子どもは大人より体温調節が下手であることを考慮し、
念のため同伴者にはより暖かい#1を2つレンタルしました。
テント内は4mmの銀マット+厚手のキルトラグを敷き、
600Wのミニセラミックファンヒーターをつけっぱなしにしました。
ファンヒーターはトイレや足元を暖める程度のサイズです。
寝る時は寝袋の下にインフレーターマットなどを敷きました。
寝る前は小さなファンヒーターがどの程度効力があるか分からなかったため、
全員それなりに暖かい恰好で寝袋に入り、上から毛布を掛けて寝ましたが、
妹は暑くて眠れず、服を1枚脱いだり毛布をどけたりして調節することになりました。
その後は寝袋だけで暖かくよく眠れたそうです。
子どもは寝相が悪く毛布から出ていましたが、あったかかったと言っていました。
ちなみにダウンハガー800Women#2で寝ていた私も、暑くて目が覚めましたが、
毛布をどけ、厚手ソックスを脱いだら朝方少し寒く、再度毛布を掛けました。
テント内の温度は、夜中3時頃が9℃ぐらい、朝方が8℃ぐらいでした。

【ご旅行全体の感想】
外気温が-3℃前後でも、小さなヒーターなどでテント内を8℃ぐらいに保てれば、
ダウンハガー800#2でも寝られる。毛布を掛ければより暖かい。
ダウンハガー800#1ならば、毛布なしでも冷え性の女性でも十分暖かく寝られる。
寝相が悪く毛布から出てしまう子どもも、ダウンハガー800#1ならば十分暖かい。
ただし、少し小さめのWomenモデルでも、子どもは中で回転したりしてしまう。

レンタルのお店より

ダウンハガー800 Women’s #1
をご利用いただき、誠にありがとうございました。

詳細な体験レポートを頂きまして本当にありがとうございます。
お手持ちの、ダウンハガー800 Women’s #2との比較がとても参考になります(^^♪

ダウンハガー800 Women’s #2


寒くなってからのキャンプは、就寝時の寒さへの不安がつきものですね。
ヒーターや、マットをはじめ、洋服や靴下、毛布等、ご用意を頂いた様に、
寒さを調節できるアイテムがあると安心ですね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

この度は、ご利用を頂きありがとうございました。
またのご利用を心よりお待ちしております。

スキーウェア・スノボウェア・スノーウェアなどウィンターレジャー用品レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る