由緒正しく! 麓から富士山登山③【富士登山と動物】

~動物たちのこともお話しますね!~

質問です!

『麓から5合目までに、一番たくさんいる動物は何でしょうか?』

こう聞かれると、そりゃあ「人間さ!」と答える訳知りさんがいます。中にはガイドさんでさえ面白そうにこう説明する人もいます。

正解は、

『ネズミです!』

☆そのほとんどが小さくて可愛いヒメネズミです。隊長は10センチほど。体重も

10グラムほどでしょう。吉田口の登山道は溶岩流の上にできた森がほとんどで、

ヒメネズミたちが隠れるのに好都合な小さな起伏が無数にあります。

そこに隠れてひっそりと、でもしたたかに多数派として暮らしているのですね。

※私的な意見ですが、彼らほどアップに耐えられる写真の対象は、鳥や動物の中でも

数少ないと思います。「ひめねずみのチョロ」なんていう絵本だって出ていますよ。

☆では、私たち人間が吉田口の登山道を麓から登っていて、

『一番目にする確率が高いのはこのヒメネズミでしょうか?』

残念ながら、答えは「鹿」です。

近年急激に増殖し、しかも人や自動車をあまり恐れてくれません。なんと言うか、しか

として出てくるんです。朝夕に登場することが多いのですが、人前はもちろん、車の前

にも飛び出してきます。その飛び出し方は猫に似ていて、一度飛び出すと戻るというこ

とをしません。ドライバーが避けそこねて事故に! などという悲劇が急増しています。

※実害としては、なんと熊や猪より怖い存在になろうとしています。

☆「もし飛び出してきたら、ハンドルを切らずにそのまま! 仕方がないんだぞ!」

そう自分に言い聞かせていましたが、あの大きくて優しい存在が実際に飛び出してきた

時に、私も思わずハンドルを切って、溶岩流の岩場に飛び込んでしまいました。

そらのしたのツアーで登山道を歩いていると「ヒメネズミの食痕(クルミなどをリスと

違った食べ方をします)」や「鹿のフン」に出会いますが、その時にはこんな話もさせ

ていいただいています。

ありのままの富士山をお話しています。

そらのした富士登山の特徴はこちら

富士登山レンタル
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る