家庭でできる!?テントのメンテナンス方法


テントは1張何万円もするもので幾つも持っている人は少ないと思います。それだけにしっかりメンテナンスをして長く使いたいものです。登山やキャンプ道具のレンタルショップとしてメンテナンスのプロである「そらのした」がおすすめする家庭でできるテントのメンテナンス方法を考えてみました。

家庭でのテントのメンテナンスには限界がある

いきなりですが!極論です。ブログタイトルを裏切るような内容ですが、現実をしっかりと直視した上で出す結論が「家庭でのテントのメンテナンスには限界がある」ということです。1人用、2人用の山岳テントならまだ何とかメンテナンスできますが、キャンプテントになってくると無理でしょう。田舎に住んでいて家の庭が何十坪もあるという状況なら良いのですが、そんな人はごくごく少数。家具がひしめくアパート・マンションに住み、テントを広げようにもベランダに干そうにもどうにも広さが確保できない。そもそも車の洗車場所すら苦労する状況なのにましてやテントを洗う場所などあるはずがない!と言う体験を私自身もしてきました。

そもそもテントを広げられない状況でテントのメンテナンスをしようとすることに無理がある。ということで家庭でできる!?テントのメンテナンス方法というよりは、家庭でできる範囲のテントのメンテナンス方法を知るということがメンテナンスの第一歩となります。

テントサイトで可能な限り乾かす

テントサイトでテントを乾かす!家庭でできることといったら結局ここが全てかと思います。テントの最大の敵はカビと加水分解。どちらも水や湿気が原因となります。いかにして乾燥させた状態で保管できるかが鍵です。キャンプ最終日には可能な限り出発までの時間を確保し、テントを立てたままで天日干しする。ベンチレーションを最大限確保し、乾きやすくする。日が良く当たっている場所に移動するなど、涙ぐましい努力をしながらテントを極力乾燥させ収納することです。「家に帰ってまた広げて乾燥させよう」なんて思っても出来ないですしね。

乾かせない状況になってしまったらプロに任せよう

使った後はテントをしっかりと乾かす!分かっちゃいるけど、そもそも雨降っている中の撤収だったりしたらどうしようもない。それでも帰らなきゃならないわけなので雨に降られようが濡れていようがテントを撤収して持って帰らないといけない訳です。もうこうなってしまったらかなり厳しいです。前述のように乾かせる環境など無い家庭が大半だと思います。こうなってしまったらプロのメンテナンスに任せましょう。そらのしたのテントクリーニングでは、クリーニング&乾燥はもちろん、除菌・抗菌・UVカット・撥水加工まで行って、5~6人用テントで9000円。もちろんテント本体&フライシートを併せた値段です。広さや設備が整っているからこそ成せる技で、家庭ではここまでできません。1日掛かりでテントを面倒見たのに、それでも一部乾燥できてない箇所が出てきてしまう、テントを広げられないということはそういうことなのです。きっぱり諦めて、濡れてしまったテントをできる限り早くプロのメンテナンスに任せたほうが良いです。

テントの1人~4人用であれば、さらに耐久性が高い撥水加工である弾水コーティングが可能となります。弾水コーティングは「ドロップルーフ」というサービスになりますので、併せてご検討ください。

テントをメンテナンスすることは一度でも経験がある方はその大変さを身にしみていることと思います。できる範囲のことはケアしてあげることが大切かと思います。ただ、そうもいかない状況となってしまったら後はプロに任せることが良いでしょう。

テントクリーニングサービス

撥水加工サービス「ドロップルーフ」

キャンプ用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る