防水スプレーのおすすめな使い方【アウトドアウェアの防水スプレー】


防水スプレーは登山用品店だけでなく、ホームセンターにも販売されていて手軽に入手できます。防水スプレーの価格は安いもので500円ほど、高いものだと数千円とするものがあります。防水スプレーを理解してよりよい使い方を解説していきます。

そもそも防水スプレーとは

防水スプレーを吹きかけることでその吹きかけた部分は水が弾かれるようになることは想像がつくと思います。実は「水を弾く」という現象は「防水」ではなく「撥水(はっすい)」です。では「防水」というのは「水を通さないこと」を示します。水が弾かれていれば水を通さないので「防水」でも良いように思えますが、水を弾くという状態は極めて限定的な状態でしか有効ではなく、衣類・靴・バックなど身の回りの物において水が弾いている状態は時間とともに弱くなり、いずれは水を吸い込んでいきます。
そのため「撥水」であることと「防水」されることはきっちりと定義を分けて考えていて、例えばレインウェアであれば水が弾かれなくなっても水がレインウェアを通さないようにするため、防水膜を生地に入れたり、生地の裏側に防水のコーティングをすることで防水機能を保っています。

現状、私たちが入手可能な防水スプレーはほぼすべて水を弾く効果を持たせる「撥水」をさせる商品となっていて、水を通さなくするようなコーティングをする効果は持たせていません。そのため表記は防水スプレーとなっていますが実態は撥水スプレーであると言った方が近いです。ただ、メーカー側も消費者に分かりやすいように「防水スプレー」という表現を使っているものだと思います。

防水スプレーの選び方

防水スプレーは撥水効果を出すスプレーだと前段落で解説しましたが、その撥水効果を持たすための有効成分の違いで大きく分けて2種類あります。撥水有効成分にフッ素が使われているものとシリコンが使われているものです。フッ素が使われているものは、フッ素自体が持つ撥水力は非常に高いため、吹きかけた際の水の弾き具合がとても良いことが特徴です。ただし、フッ素自体は他の物と結びつきしにくい性質があり、定着させるためには簡単ではありません。フッ素の防水スプレーを吹きかけてもフッ素が付着する状態であるため、撥水効果を長く持続させることは難しいです。シリコン系もシリコンが持つ撥水力によって撥水させる点は同じです。ただし、シリコンはフッ素より撥水させる力が弱いためフッ素系防水スプレーよりも水の弾き方はイマイチに感じられるかもしれません。シリコン系防水スプレーというのは油を生地に染み込ませるようなイメージです。油がついた生地は水を弾く効果をシリコン系防水スプレーでも持たせています。

防水スプレーの使い方

フッ素系防水スプレーにせよ、シリコン系防水スプレーにせよその効果はずっと続くものではありません。ちょっと擦れただけであったり、洗濯しただけで効果が大幅に落ちてしまうことも事実です。あくまで簡単に撥水処理できることを目的として作られているのが防水スプレーです。一日中雨に降られる登山のようなアウトドアウェアに対してその撥水性能を持たせることを考えて作られてはいません。あくまで簡易撥水処理と割り切り、アウトドアウェアでなく生活防水(生活撥水)として捉えた方が良いでしょう。通勤通学に際して、「明日雨が降りそうだから靴に防水スプレーを振っておこう」という使い方が良いでしょう。使い方のポイントとしては使用する当日ではなく前日までに防水スプレーをしておくことが大切です。

アウトドアウェアの撥水解決方法

では、アウトドアウェアに対しては解決方法はないのでしょうか。防水スプレーでは有効成分がしっかりと生地に定着しないため撥水の持続性を持たせることができないため、その有効成分を生地に定着させることを必死に研究しました。それが撥水加工専門サービスの「ドロップルーフ」です。一日中雨の中で行動する登山のような環境を想定して開発した撥水加工である「弾水コーティング」は防水スプレーの撥水持続性と比べると桁違いの実力です。結果、何度も何度も防水スプレーを処理するよりずっと安価にもなってくるので、アウトドアウェアには専門の処理を行うことをお勧めします。

トップへ戻る