ゴアテックスレインウェアのメンテナンス方法【ゴアテックスの洗濯】


ゴアテックスのレインウェアは非常に高価ですね。そんなゴアテックスのウェアのメンテナンスはどうすればいいのか皆さん知っていますか?何となく洗濯しているとか劣化が怖いので洗ったことはない・一度もメンテナンスをしたことがない等いったいどれが正解なのか悩みますよね。この記事ではそんなゴアテックスレインウェアのメンテナンス方法を解説していきます。

より深く理解したい方は下記の記事も併せてお読みください。
ゴアテックスレインウェアのメンテナンス【なぜメンテナンスが必要か?】

ゴアテックスレインウェアはメンテナンスが必要です

まずはゴアテックスのウェブサイトより引用です。

より長くご愛用いただくために

GORE-TEX® アウターウェアが備える高機能は、GORE-TEX® メンブレン自体に損傷がない限り低下することはありません。しかし、ウェアとして長くご愛用いただくためには、日頃のメンテナンス&ケアが大切です。ウェアの寿命は一概に何年とはいえませんが、ていねいなケアをすれば相当に長期間にわたって着用することができます。GORE-TEX® アウターウェアのメンテナンス&ケアは特別にむずかしいことではありませんので、ぜひ実践してください

ゴアテックスのウェブサイト内メンテナンス&ケアというページの冒頭に記載してある文章です。つまりゴアテックスはメンブレンと言われているゴアテックスの本体部分が損傷(例えば破けてしまう・穴が開く)といったことが無い限りは機能が低下するこは無いと解説してあります。要約するとしっかりメンテナンスをしてあげることで長く使うことができますよということです。

ゴアテックスレインウェアのメンテナンス&ケアとはいったい何?

先のゴアテックスウェブサイトの引用の中に「日頃のメンテナンス&ケアが大切です」ときさいしてありますが、そのメンテナンス&ケアとは具体的にどういうことを示しているのでしょうか?ゴアテックスを販売している日本ゴア株式会社より「GORE-TEX Products メンテナンスブック」というものが発行されています。そのメンテナンスブックの冒頭に一つの流れが記載してあります。

START⇒洗濯⇒すすぎ⇒乾燥⇒熱処理⇒GOAL

まさにこれがメンテナンス&ケアの一つの流れになります。
但し一点追記しておきたい部分として、上記流れは日常のケアと捉えてほしいのです。これだけやっていれば充分か?と言えば残念ながら不充分です。メンテナンスブックには上記一連の流れの後に「撥水剤・補修」というページがあります。これが不定期に必要なメンテナンスであると考えてください。この日常のケアと不定期に行うメンテナンスを組み合わせてこそ充分なメンテナンス&ケアであると言えるのです。

ゴアテックスの洗濯&メンテナンス①【ゴアテックスレインウェアの洗濯のタイミングは?】

それではゴアテックスのレインウェアをいつ洗うのか?毎回洗うのか?月一回洗うのか?それとも年一回でいいのか?悩ましいですよね。こちらに関してもゴアテックスのウェブサイトに正解が記載してあります。

定期的な洗たくで、ウェアを長くご愛用ください

ほとんどのGORE-TEX® アウターウェアは、洗えます。洗たくによって機能が低下することは一切ありませんので、汚れたら洗ってください。
また、洗たくは、ウェアの撥水性の維持や回復にも役立ちますので、汚れが目に見えなくても定期的に洗ってください。

引用に記載されているように「汚れたら洗ってください」と書いてあります。汚れたら洗えばよいのです。注意して欲しいのは「使用する度洗ってください」とは書いてありません。あくまで書いてあるのは「汚れたら洗ってください。汚れが目に見えなくても定期的に洗ってください」と書いてあります。ゴアテックスの洗濯方法をよく分かっているつもりでも誤解していて、使用する度に洗っていた人も多いのではないでしょうか。使用する度、使う度に洗ってくださいと書いていない理由があって、それは後述します。

ゴアテックスの洗濯&メンテナンス②【洗濯やすすぎで注意すること】

「GORE-TEX Products メンテナンスブック」に記載してある内容で洗濯からすすぎにおいて特に注意した方が良い点を挙げていきます。

洗剤の種類に注意

どんな洗剤を使っても良いかと言えばそうではありません。皆さんが普段使っている洗剤は実はいろいろな助剤がブレンドされている洗剤です。とくにおしゃれ着洗い用洗剤やドライクリーニング用洗剤というわけではなくても少量の柔軟剤・芳香剤・漂白剤が入っていることがあります。柔軟剤や芳香剤は洗濯しても衣類に残ることでその効果を出すことを目的としているため、ゴアテックスレインウェアに残存することで本来のゴアテックスのパフォーマンスが出せなくなってしまいます。そのため洗剤はできる限り混ざりものが入っていないものが望ましいです。

洗剤の量に注意

ここもまたメンテナンスブックに記載してある内容ですが、洗剤の量は少量と記載してあります。塩・コショウの「少々」みたいになんだか分かりにくい表現で書いてあります。汚れが目立たない定期的な洗濯の場合は通常の洗剤の量の半分以下で構いません。汚れがひどい場合にのみ汚れの箇所に洗剤を付けて洗うようにしてください。

すすぎはしっかり

洗剤の残存はゴアテックスウェアにはマイナスですのですすぎをしっかりとおこなって洗剤をよく流します。メンテナンスブックには「すすぎは通常の2倍」と記載してあります。家庭用洗濯機の場合、すすぎ回数を選べるようになっていると思います。たいていすすぎ回数を1回から3回まで選べるようになっているかと思いますので、しっかりと3回のすすぎを行ってよく洗い流す必要があります。

ゴアテックスの洗濯&メンテナンス③【乾燥と熱処理】

次に「GORE-TEX Products メンテナンスブック」に記載してある内容で乾燥と熱処理において特に注意した方が良い点を挙げていきます。

脱水は簡単でOK

Tシャツやタオルと違って、レインウェアは水を通さない素材で作られてるため長い時間脱水を行っても脱水しきれない水が溜まります。洗濯機に悪影響ですので脱水は無くて構いません(実際に洗濯機の説明書にはレインウェアNGと記載してあることがあります)。それよりも洗濯機から取り出す際にレインウェア内に溜まってしまう水をよく切る方が大切です。

乾燥は陰干し

乾燥は陰干しにてしっかりと乾かしてください。ポイントとしては時間をかけて細部までしっかりと乾かすことです。紫外線のダメージが残りますので直射日光での乾燥ではなく陰干しの方が良いです。

熱処理が大切

メンテナンスブックの方にも乾燥後には熱処理をおすすめしますと記載してあります。しっかりと撥水している状態を保つことはゴアテックスレインウェアにとってとても重要です。撥水状態を保つためにも熱処理を行いましょう。熱処理は乾燥機またはアイロンによる方法が記載されていますが基本的には乾燥機を使用しましょう。しっかりと乾いたウェアを20分ほど乾燥機に入れる点がポイントです。

ゴアテックスの洗濯&メンテナンス④【撥水性回復】

ゴアテックスメンテナンスブックに下記の記載があります。

撥水加工は摩耗などにより撥水基自体が取れてしまうことがあります。その場合は熱処理ではもどらないので、撥水処理をしてください。

撥水加工は永久的なものではなく、特に摩耗によって剥がれてしまいます。実は先にゴアテックスウェアの洗濯は使う度とは書いておらず、汚れたら洗ってくださいと書いてある理由もここにあり、洗濯をすることによってゴアテックス自体の機能は低下することはないが、表面の撥水加工は洗濯の際の摩耗によって少しずつ低下していきます。洗いすぎることでもゴアテックスウェアのパフォーマンスは充分に生かせなくなってしまいます。だからと言って洗わないことも良くないため不定期な撥水加工・撥水処理が必要になります。

撥水加工・撥水処理をするタイミングは上記の日常ケアを行っても撥水性がもどらない時に行います。

撥水加工・撥水剤はどのようなもので行うかに関しては、市販の防水スプレーや撥水剤・クリーニング店の撥水加工などと記載されております。それ以上に具体的には書いてありません。実はこれら撥水処理が最大に難しいポイントでもあります。防水スプレー・撥水剤・クリーニング店の撥水加工いずれにおいても新品ウェアの頃のような撥水性を取り戻すことが出来ません。その理由は後加工で行うことの難しさです。新品のウェアは布切れの状態で撥水加工を行います。しかしながら後加工では表面に付着させる程度でしか撥水基を付けることが出来ません。そのため新品のウェアと比べて撥水基の持続力に雲泥の差が出てしまいます。後加工でもしっかりとウェアに密着した撥水基が作れないものかと研究して開発したものがアウトドア専門の撥水加工サービス「ドロップルーフ」になります。自身で撥水処理をする場合、撥水処理した直後1回や2回の使用であれば撥水効果は持続するかもしれませんが、レインウェアを数回使用すれば撥水処理前と変わらない状態になってしまいます。ウェアに撥水基がしっかりと定着していないことが原因です。その原因を研究・開発し克服したのが「ドロップルーフ」サービスになります。

日常のケアを行って、それでも撥水が弱まったと感じたら撥水処理とクリーニングも兼ねて「ドロップルーフ」に出して本格的なメンテナンスをすることをおすすめします。

トップへ戻る