富士登山用ズボンの選び方【トレッキングパンツは必要?】


そらのしたコボです!
今日は、富士登山用ズボンの選び方【トレッキングパンツは必要?】です!

★富士登山では綿の長ズボンは避けましょう

登山用に作られたズボンのことをトレッキングパンツと呼びますが、トレッキングパンツは、普通のズボンと比べてどこが良いか?という点で見てみると、一番なのは「ズボンの素材」だと思います。
登山初心者が一番間違って選択してしまうズボンに、綿素材の長ズボン、いわゆる「綿パン」があります。
実際、富士登山に来る方で、かなり多くの方が、綿のパンツを履いて来られます。
綿のパンツは、登山には向いていません。
あジーパンは、特にNGですよ汗

では、なぜ綿のパンツが登山に向かないのでしょうか?
そこで、綿という素材の特徴を挙げてみましょう。

①初期吸水性に優れている
②丈夫
③風を通しづらい
④伸び縮みしづらい
⑤重い
⑥乾きづらい

①・②・③は、登山に適しているとも言えます。汗を吸い、怪我を防ぎ、風を通さないという部分はとても良いです。
しかし、④・⑤・⑥が、その利点が吹っ飛ぶくらいNGなのです。
重く、伸び縮みしづらい点は、足の曲げ伸ばしを不自由にし、疲労を助長します。
また、汗や雨で濡れてしまったら、もう地獄です。

なかなか乾かないため、体温が奪われ、しかも濡れて張り付くので、ますます疲労します。

★トレッキングパンツの機能

トレッキングパンツ

夏の富士登山に使うトレッキングパンツは、基本的に化学繊維でできているものがほとんどです。
軽くて伸縮性があり、吸水速乾性に優れた素材でできています。
伸び縮みするので足の動きを阻害せず、万が一濡れてしまってもすぐに乾くため、体温と体力が温存できます。

もちろん、そらのしたでもトレッキングパンツをレンタルしていますよ!

★登山用ハーフパンツ・キュロットパンツ・スカート

3ウェイスカート

登山で伝統的な服装として、ニッカボッカのようなハーフパンツスタイルがありますよね。

カッコいいし、かわいいし、いまだとても人気があるスタイルです。

もちろん、カッコだけではなく、機能的でもあります。

昔は、今のトレッキングパンツのような軽くて伸縮性のある先端素材がなかったので、膝の動きを妨げないように、ニッカボッカのようなハーフパンツスタイルが生まれたのです。

ハーフパンツスタイルは、膝の動きを妨げないので動きやすいですし、裾を引っ掛けないのため転びづらく、軽快かつ危険も軽減してくれます。

また、レインウェアを着た時にも、足元がまとわりつく感じが少なく、快適です。
ただしハーフパンツやスカートスタイルの場合、膝や脛がむき出しのままでは、転倒したときに怪我をします。
ハーフパンツやスカートスタイルの場合は、下にサポートタイツを履くのが良いでしょう。
普通の化学繊維でできたタイツでもいいですが、スポーツ用のサポートタイツは、軽い締め付けによって、筋力をサポートしてくれるので、疲労軽減に効果があります。

伝統的なニッカボッカでしたら、専用の靴下を用意しましょう。ちょっとお高いですが汗

そらのしたでは、登山用のハーフパンツ・スカートサポートタイツもレンタルしています。
機能性が高く、買うとお値段も高い汗
サポートタイツ ワコールcw-xシリーズのレンタルあります!
サポートタイツ

では、今日はここまでです!
また次回!

富士登山用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る