リュック(ザック)  防水・撥水の方法


そらのしたコボです!
最近リュックの防水、撥水の方法を教えてください!とのご質問が多いので、今日はあらためて「リュック(ザック) 防水・撥水の方法」について、ご説明致します。

★リュック(ザック)は、基本的に防水ではありません

登山用のリュック(ザック)は、一部のものを除いて、基本的に防水ではありません。
防水にするとザックの重量が重くなりますし、柔軟性が悪くなるためと思われます。

登山中に防寒具、替えの服、寝袋などが濡れてしまうと、時として生死に関わります。
登山をする場合、荷物の水濡れ対策は、とても重要なことなのです。

★レインカバー(ザックカバー)で覆う

ザックカバー

リュック用のレインカバー(ザックカバー)で外側を覆うことで、ある程度の水の浸入を防ぐことはできます。
ただし、風の強い山の上では、雨が横に降るようなことも珍しくなく、レインカバーでカバーしきれない隙間や背面部から水は浸入してきますので、内部にも水濡れ対策を行いましょう。
リュックによって、レインカバーが標準で付いているものと付いていないものがありますので、付いていないものは、サイズに合ったものを別に用意する必要があります。
そらのしたのレンタルザックは、全てレインカバーを標準でお付けしています。

★耐水性のあるスタッフバックで内部を覆う

ビニール袋
荷物を防水性のある袋に入れておけばかなり安心です。
これは、ビニール袋やゴミ袋でもいいのです。
最低限、ザックにザックカバーをした上で、シュラフと着替えはスーパー等のビニール袋に入れるようにしてください。

撥水加工ドロップルーフを施工して水濡れ対策を行う

先ほど説明しましたが、リュック(ザック)はメーカー出荷時点での撥水・防水性はあまりありません。
そらのしたの撥水加工サービス「ドロップルーフ」を施工しておけば、完全防水にはなりませんが、かなり水濡れを軽減することができます。
ちょっとの雨なら、レインカバーを付けなくたって、へっちゃらです!
撥水スプレーとは、持続力が全然違いますよ!

ドロップルーフの効果はこちらの動画をどうぞ!
水をかぶって撥水検証!~ザック編~

今日のHowToそらのしたはここまでです。
ではまた次回!

富士登山・登山・キャンプ・フェス・アウトドアギアのレンタルならそらのした

トップへ戻る