富士山登山は日帰りと山小屋泊どっちがいい?


富士山登山は一定の条件を日帰りも不可能ではありません。山小屋泊のほうが体力を消耗しないため安全だと言われていますが、シーズン中の山小屋は時期によっては雑魚寝状態で大変なこともありません。このため、状況によって日帰りにするか山小屋泊にするか判断することも一つの選択肢にするとよいでしょう。

富士山登山は日帰りと山小屋泊の2つの方法がある

富士山登山には日帰りと山小屋泊の2つの方法が考えられます。それぞれにメリットとデメリットが有ります。

日帰りプランだと休日を取りにくい人でも登山を楽しむことが可能です。デメリットとしては富士山は登りだけで6時間以上かかります。しかも富士山の山頂の酸素は平地の3分の2と言われています。長い時間過酷な環境を歩き通す体力が求められます。さらに、晴れた日の日中に登ると富士山には日陰がなく直射日光がダイレクトに当たるので体力の消耗が激しくなる恐れがあります。

山小屋泊にすると途中で身体を休めることができるので、体力に自信のない人でも安心です。しかし、シーズン中のお盆や連休時の山小屋は混み合います。身体をしっかり休められるとは限りません。しっかり睡眠ができなければ睡眠不足で登山をすることになります。

富士山登山のプラン~日帰り~

どうすれば富士山登山の日帰りが可能でしょうか。まず富士山登山で日帰りが一番容易なのは富士宮ルートです。登山口の標高が一番高いため、頂上まで一番短い時間でアクセスすることが可能です。往復の所要時間は9~10時間程度なので、早朝に登山を開始すれば夕方には登山口に帰ってこられます。また、吉田ルートは往復の所要時間が9時間半~10時間半程度となっています。健脚な人であれば日帰りが可能でしょう。

ここで注意をしたいことは早朝のバスが無い点です。暗くなる前に帰るためには登山口を朝6時、遅くとも7時には出発する必要があります。その時間に着くためのバスが無いことが多く、一般の人が富士山を日帰りで登山するにはタクシーを使う必要があります。また、日帰りプランは下山が遅れるとバスがなくなるリスクがあります。登山中は時間に注意しておきましょう。

また、登山口となる五合目に宿泊して、早朝に出発するというプランも立てられます。

富士山登山のプラン~山小屋泊~

富士山登山で山小屋泊を選択すると体力の消耗の激しい登りを2日に分けて行えるので、比較的無理なく登ることができます。お昼ごろに登山口を出発して7合目か8合目の山小屋で1泊するプランが一般的です。また、山小屋で長時間過ごすためその間に標高に体をならすことができます。このため高山病のリスクを軽減できるというメリットもあります。下山が午前中から昼過ぎになるのでバスの時間をあまり気にしなくて良いという点もポイントです。

ただ、シーズン中、特に吉田ルートの山小屋は混雑します。大勢の人が詰め込まれるのでゆっくり休める環境ではない可能性があります。快適に登山するためには耳栓やアイマスクなどの準備をしていくと良いでしょう。

富士登山用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る