山登りの服装について


山登りの服装は、どんなものが良いのかを具体的に紹介します。普段着で山登りに挑戦する人はいないと思いますが、基本の服装だけでも頭にいれておいて損はないと思います。安全に山を登るためにも、服装には十分気を使いましょう。

基本的な山登りの服装の考え方~レイヤード~

山登りの基本の服装は重ね着と呼ばれる、レイヤードです。山は暑かったり、寒かったりの繰り返しであることを心に留めておいてください。山を登っている最中は、体温が上がり、暑くなりますが、平坦な稜線にいくと、高地であればあるほど、寒くなります。そこで、寒いときは脱ぎ、暑いときは、着るといった事ができる、レイヤードが最も山登りの服装に適しているといえます。

服装を間違えると、体調を崩す可能性もありますので、ここだけはしっかり抑えておきましょう。基本中の基本ですから、めんどくさがらず、重ね着をして山に挑みましょう。そうすることによって、安全で快適な登山を楽しむことができます。暑かったら脱ぎ、寒かったら着る、これが大切です。

山登りの服装について

山登りの服装を考えるときは、重ね着であるのが基本です。その重ね着の中で、着る服を三つに分類して考えてください。まず、一番肌に近い「下着、アンダーウェア」。次に、下着の上に着るセーターやニットの「中間着」、そして「アウターウェア」になります。

この三つの分類で、トータルの服装を考えてください。来ている服が、下着とダウンジャケットだけでは、山登りの服装とはいえません。基本はこの三つをワンセットに考えますが、寒かったら下着を2枚着てもいいし、中間着を足してもいいです。中間着を忘れたり、暑そうだからアウターは持ってこなかったなど絶対にあってはならない事態です。アウターを持ってこないことはまずないでしょうが、中間着と下着どちらが欠けても命取りだということを忘れないでください。

富士登山は特に気をつけなければならない服装・装備

富士登山は厳しいです。日本で一番高い山ですから、服装、装備をしっかり準備して臨みましょう。まず、アンダーウェアの素材は、綿を避けてください。理由は、綿は速乾性がないので汗をかいてもなかなか乾かないからです。汗が乾かないと、汗冷えをしてしまい、余計な体力を消耗して、最悪の場合体調が悪くなり下山を余儀無くされてしまいます。アンダーウェアは乾きやすい化繊素材のものを選びましょう。

中間着には、フリースか薄手のインナーダウンを選びましょう。どちらも使いやすく、軽くて、保温性も高いので万能選手です。さらに吸汗拡散性もあるので、富士登山には必需品になります。特に、ダウンは軽くて小さくすることができますので、持ち運びに便利です。

アウターはレインウェアを代用しましょう。レインウェアは風にも強いので、寒さ対策にもなります。

登山用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る