富士登山での水【持っていく量・値段】


そらのしたコボです!
今日は、こちらもご質問の多い「富士登山での水【持っていく量・値段】」について、ご回答いたします!

★富士登山は必ず水を持っていきましょう

富士山には、水道はありません。
また、富士山は水を通しやすい地質のため、富士登山の途中には湧水や井戸もありません。
山小屋やトイレなどでの手洗い水は、雨水などの溜め水を利用しているため、飲むことはできません。
したがって、富士登山では、必ず飲料水の準備が必要となります。

★水はどのくらい持っていく?

富士登山で必要になる水の量ですが、天候や所要時間、体格や体調などによって違ってくるため一概には言えませんが、一般的な体力の方は、五合目から出発する際に、ペットボトルなら500ml×2本=1リットルの水を持って登り始めるのがおすすめです。
下りてくるまでに、途中の山小屋や売店などで、さらに大体500m1~2リットル程度を買い足すことになると思いますが、登り始める際に2~3リットルも持って上がるのは、重さ的にも大きさ的にも、あまりおすすめできません。
もちろん体力に自信がある方は、はじめからたくさん持って行っても良いと思いますが・・重いですよ笑
現地で買う水代1000円をあらかじめ必要経費として考えたほうが、きっと後悔しないです笑

★富士山での水の値段

山小屋や売店では、ほとんどの場合、数百円から500円前後で販売されています。
高いと思われるかもしれませんが、水は重量的にとても重いものです。
富士山の山小屋や売店は、高い経費をかけて、麓からブルドーザーや自動車、人力などで荷物を運び上げていますので、こういった価格になってしまうのは仕方がないことなのです。

★水を飲まないと高山病や脱水症になりやすい

富士登山に限らず、登山では高山病予防や脱水症状を防ぐために、少しずつこまめに給水することが大切です。あまり服がびしょびょにならないので、汗をかいていないように感じますが、それはとても乾燥しているためで、実はとても発汗していたりします。一度にたくさん飲むと、汗やおしっことなって排出されてしますますので、少量ずつこまめに飲むのが大切なのです。

★富士登山での給水便利グッズ【ハイドレーター】

ハイドレーション

ペットボトルゆ水筒をザックポケットに入れる方が多いですが、疲れてくると、ザックから水を取ることが億劫になってきて、給水をしなくなりがちです。
こんな時に便利なのがハイドレーター(給水器)です。
水を取る手間がないので、こまめな給水にとても便利です。
そらのしたでも、とても人気のレンタル用品ですよ!

では今日はここまでです。
また次回!

富士登山用品特集はこちら

トップへ戻る