初心者の方必見!登山の持ち物リスト・必需品


長期休暇を利用して登山を楽しむ人は多くいます。しかし、アウトドア自体慣れない初心者の方にとって、持ち物は非常に困るポイントではないでしょうか。登山には最低限何が必要か、レンタルは何を選べば良いのかご紹介します。

富士登山持ち物チェックリストはこちら

登山初心者の方は購入orレンタルの判断が必要

夏休みやゴールデンウィークなどの長期休暇を利用してアウトドアを体験する人はおおくいらっしゃいます。近隣やちょっと遠い場所の景色を頂上から見たい、という理由で登山を楽しむ人も少なくありません。
しかし、山の気候や自然は決して安全なものと言い切れず初心者は十分な準備を行い万が一に対応できるようにする必要があります。

登る山や季節、日程によって必要な持ち物は異なり多くの道具を揃える必要があります。この場合、一から全ての持ち物を手に入れるのには限度があり金銭的な負担が大きくなります。経験がなく、不慣れな人はレンタルを利用しながら、徐々に必要なものを購入することが大切です。
レンタルでは足りないものは代用品がないか探したりすることで後に、回数をこなしていくうちに何が自分に必須なのかを理解できるのもメリットです。

登山初心者の方が購入すべきもの

これから登山を趣味で活動を考える人にとってはレンタルより、自分で購入する方がお得になります。それでも初心者にとって何から手をつければ良いかわかりづらいものです。現在、観光業者やインストラクターの企業によって、登山の持ち物の貸出を行うところがあります。バラではなくまとまったセットでサービスしているケースもあるので、基本装備はそれらを参考にするのがおすすめです。

動きやすく、自分の体を守るため服装選びは十分行いましょう。山の天気は変わりやすく、突然の雨や暴風雪が起こらないとは限りません。冷たい水は体の体温を奪いやすため、水を弾く撥水や水を浸透させない防水加工のものを選ぶことが大切です。撥水性だからといってレインコートを準備しないのはいけません。ウェアはあくまでも体温保持や発汗性を重視したものであり、大量の水に弱く重くなってしまうので注意しましょう。

登山初心者の方がレンタルすべきもの

登山の荷物はなるべく少なく、かつ軽量化して歩くのが理想です。装備選びは最低限雨具とザック、登山靴が必要であり、初心者で購入に不慣れは人はレンタルを利用すべき必需品です。山の天候に備えたレインコート、普段歩く舗装された道ではないので登山用の靴が必要です。しかし、ザックは遠足などで利用するタイプの物でも良いと感じる人もいるでしょう。登山道は普段慣れないような道を長時間かけて進むため体が疲労しやすいです。その為体に合わないリュックは体力を削りやすくなり、場合によっては目標達成が不可能になります。

現在、トレッキング装備は昔と比べると大きな進化を遂げ快適な機能を持つ物があります。前文で触れた撥水加工もその一つであり、雨水の対策以外にシミや汚れを防ぐ役割を持ちます。地面の土で必要以上に服や道具が汚れるのが嫌という人におすすめです。

登山用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る