富士登山の持ち物【持っていくと便利なもの】篇


そらのしたコボです!
さて今回も、富士登山を計画している方の持ち物のお悩みを解決!
今日は前回の記事「富士登山の持ち物 【必ず必要なもの】 篇」に続いて、「富士登山の持ち物【持っていくと便利なもの】篇」です。

下山

トレッキングポール

8w

富士登山に行った方に聞くと、持って行ってよかった、というご意見が多い装備のひとつがトレッキングポールです。
富士山は、トレッキングポールが無くても登ることができますが、あれば足腰の負担を軽減してくれますし、バランスを取ったり、転倒を防止したり、とても役に立ちます。
両手2本セットで持つのがおすすめです。
そらのしたのレンタルでは、すべて2本セットでお貸出ししています。

サポートタイツ

サポートタイツ

半ズボンやスカートタイプのウェアを着用する場合は、下にサポートタイツを着用しましょう。
コンプレッション(ほどよく締め付けがある)タイプのサポートタイツは、筋力をアシストしてくれますので、おすすめですよ。

サングラス

サングラス

富士山の高度では、とても紫外線が強く、目にダメージを受けます。UVカットタイプのサングラスを選びましょう。
砂ぼこりが目に入るのも軽減してくれます。

山用 スキー用 サングラス・ゴーグルの選び方はこちら

携帯酸素

缶タイプの酸素缶以外にも、最近では飲むタイプ、食べるタイプもあります。

日焼け止め

富士山の頂上では、紫外線が約40%増しとなるので、持っていくと良いです。

サプリメント

アミノ酸系の錠剤やゼリータイプのものなどは、疲労や筋肉痛を軽減してくれます。

スパッツ(ゲーター)

0301
靴に雨や砂が入るのを防いでくれます。
富士山では、雨が降らなくても、砂や砂利がとても多いので、持っていくと良いです。
特に、砂走りや大砂走りと呼ばれる静岡側のルート(須走ルート・御殿場ルート)を使って下山する計画の場合は、長めのスパッツ(ゲーター)を用意しましょう。

マスク

富士山では、雨が降っていないときは、砂ぼこりが舞うので、持っていくと便利です。

使い捨てカイロ

富士山山頂でのご来光待ちでは必携かもしれません。

耳栓

山小屋泊の方で物音が気になる方は、安眠のためにぜひ持っていきましょう。

腕時計

気圧、高度計などの高機能時計はとても便利だし、富士登山が楽しくなります。

サバイバルシート

銀シートと呼ばれるものです。ご来光待ちやいざという時の体温保持に役立ちます。

ハイドレーション(給水器)

ハイドレーション

ハイドレーション(給水器)も、富士登山に行った方に聞くと、持って行ってよかった、というご意見が多い装備です。
もちろんハイドレーションがない場合も水は必携ですが、ハイドレーションがあると、いちいち取り出す手間が省けるので、高山病予防に大切な「こまめな給水」が楽になります。
以上が、「富士登山の持ち物【持っていくと便利なもの】篇」です。

こちらに富士登山持ち物チェックリストもございますので、印字してお使いください。

次回は、余裕があったら持っていきたい「富士登山の持ち物【持っていくと楽しいもの】篇」です。
では、また次回!

富士登山用品のレンタルなら「そらのした」

トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る