リュック(ザック)の水濡れ対策 【リュック(ザック)の防水方法】


そらのしたコボです!
今日のHowToそらのしたは、リュック(ザック)の水濡れ対策 《リュックの防水方法》についてです。

★リュックカバー(ザックカバー)を使って防水

雨が降ってきたら、リュック(ザック)用のレインカバーを使って防水しましょう。
登山用のリュックは、一般的にザックまたはバックパックと呼び、リュック用のレインカバーのことをザックカバーとも呼んでいます。

登山用のリュック(ザック)では、標準でレインカバーが付属しているものも多いです。
付属していない場合は、別で用意する必要があります。

なお、そらのしたのレンタルでは、全てのリュック・ザックに、レインカバーを無料でお付けしています。(※ベビーキャリアのキッドコンフォートⅡは除く)
リックのレインカバー(ザックカバー)単体でもレンタルしていますので、ぜひご利用ください。

ザックカバー

★リュック(ザック)の中身を防水

登山中は、横から下から雨が吹きつけてくる場合もあります。
また、雲の中などは、雨だか霧だか分からない状態なので、リュックカバー(ザックカバー)もほとんど役に立ちません。
そんな天候のときは、リュックにレインカバー(ザックカバー)を被せても、背中側から濡れてきますので、中身をビニール袋やジップ袋などで、防水しておくことが大切です。
ジップ袋などは、空気を抜いて圧縮できるので、荷物をコンパクトにまとめるのにも役立ちますよ。

★リュック(ザック)自体を撥水加工して防水

リュック(ザック)そのものを撥水加工しておくと、さらに防水効果が高まります。
ちょっとくらいの雨なら、リュックカバー(ザックカバー)を使う必要が無いくらいです。
そらのしたの超撥水加工ドロップルーフ(droproof)なら、耐久性も抜群。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

今日のHowToそらのしたはここまでです。
では、また次回!

登山用品のレンタルなら「そらのした」
droproof
http://droproof.com/

トップへ戻る
アウトドア用品レンタルを見る